Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリの依存関係を調べる

依存関係グラフを使用すると、プロジェクトが依存しているパッケージを確認できます。 また、その依存関係で脆弱性が検出されると、それも表示されます。

依存関係グラフの表示

依存関係グラフには、リポジトリの依存関係が表示されます。 依存関係の検出とサポートされているエコシステムについては、「依存関係グラフについて」を参照してください。

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Insights(インサイト)をクリックしてください。 リポジトリのナビゲーションバーのインサイトタブ
  3. 左のサイドバーでDependency graph(依存関係グラフ)をクリックしてください。 左のサイドバーの依存関係グラフタブ

Enterpriseのオーナーは、Enterpriseのレベルで依存関係グラフを設定できます。 詳しい情報については「Enterpriseでの依存関係グラフの有効化」を参照してください。

依存関係ビュー

リポジトリのマニフェストもしくはロックファイルで指定されている直接あるいは間接の依存関係は、エコシステムでグループ化されてリストされます。 リポジトリで脆弱性が検出された場合は、Dependabotアラートにアクセスできるユーザに、ビューの上部で表示されます。

依存関係グラフ

ノート: GitHub Enterprise ServerはDependents(依存物)ビューを表示しません。

依存関係グラフのトラブルシューティング

依存関係グラフが空の場合は、依存関係を含むファイルに問題があるかもしれません。 ファイルがファイルタイプに合わせて適切にフォーマットされているかをチェックしてください。

マニフェストまたはロックファイルが処理されない場合、その依存関係は依存関係グラフから省略され、脆弱な依存関係はチェックされなくなります。

参考リンク