Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

Code scanningと統合する

データを SARIF ファイルとしてアップロードすることで、サードパーティーのコード解析ツールをGitHub code scanning と統合できます。

Code scanning は、GitHub.com のすべてのパブリック リポジトリに使用できます。 Code scanning は、GitHub Enterprise Cloud を使用していて GitHub Advanced Security のライセンスを持つ Organization によって所有されるリポジトリで使用できます。 詳細については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

  • Code scanningとのインテグレーションについて

    code scanning を外部で実行し、その結果を GitHub で表示できます。または、リポジトリで code scanning アクティビティをリッスンする Webhook を構成することもできます。

  • SARIF ファイルを GitHub にアップロードする

    サードパーティの静的解析ツールからGitHubにSARIFファイルをアップロードし、リポジトリ内でそれらのツールからのcode scanningアラートを見ることができます。

  • Code scanningの SARIF サポート

    GitHub のリポジトリにあるサードパーティの静的分析ツールからの結果を表示するには、code scanning 用に SARIF 2.1.0 JSON スキーマの特定のサブセットをサポートする SARIF ファイルに結果を保存する必要があります。 デフォルトの CodeQL 静的分析エンジンを使用すると、結果は GitHub のリポジトリに自動的に表示されます。