Skip to main content

Code scanningと統合する

データを SARIF ファイルとしてアップロードすることで、サードパーティーのコード解析ツールをGitHub code scanning と統合できます。

Code scanning は、GitHub AE の Organization 所有のリポジトリで利用できます。 これは GitHub Advanced Security の機能です (ベータ リリース中は無料)。 詳細については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

  • Code scanningとのインテグレーションについて

    code scanning を外部で実行し、その結果を GitHub で表示できます。または、リポジトリで code scanning アクティビティをリッスンする Webhook を構成することもできます。

  • SARIF ファイルを GitHub にアップロードする

    サードパーティの静的解析ツールからGitHubにSARIFファイルをアップロードし、リポジトリ内でそれらのツールからのcode scanningアラートを見ることができます。

  • Code scanningの SARIF サポート

    GitHub のリポジトリにあるサードパーティの静的分析ツールからの結果を表示するには、code scanning 用に SARIF 2.1.0 JSON スキーマの特定のサブセットをサポートする SARIF ファイルに結果を保存する必要があります。 デフォルトの CodeQL 静的分析エンジンを使用すると、結果は GitHub のリポジトリに自動的に表示されます。