Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

2 要素認証クレデンシャルをなくした際のアカウントの回復

2 要素認証の認証情報にアクセスできなくなった場合、リカバリコードまたはその他のリカバリ方法を使用して、アカウントへのアクセスを回復できます。

2 要素認証リカバリコードを使用する

リカバリコードのうち 1 つを使用して、アカウントへのエントリを自動で再取得します。 リカバリコード は、多くの場合、パスワードマネージャまたはご使用のコンピュータのダウンロードフォルダに保存されています。 リカバリコードのデフォルトのファイル名は github-recovery-codes.txt です。 リカバリコードの詳しい情報については「2 要素認証リカバリ方法を設定する」を参照してください。

  1. 認証を求めるためにユーザ名とパスワードを入力してください。

    Warning: If you protect your personal account with two-factor authentication but do not know your password, you will not be able to follow these steps to recover your account. GitHub can send a password reset email to a verified address associated with your account. For more information, see "Updating your GitHub access credentials."

  2. [2FA] ページで、[Don't have your phone?] の下にある [Enter a two-factor recovery code] をクリックします。

    Screenshot of link to use a recovery code

  3. リカバリコードを 1 つ入力して、[Verify] をクリックします。

    リカバリコードを入力するフィールドおよび [Verify] ボタン

セキュリティキーによる認証

セキュリティキーを使用して 2 要素認証を設定した場合は、セキュリティキーをセカンダリ認証方式として使用すると、アカウントへのアクセスを自動で再取得できます。 詳しい情報については、「2 要素認証を設定する」を参照してください。