Skip to main content

2 要素認証クレデンシャルをなくした際のアカウントの回復

2 要素認証の認証情報にアクセスできなくなった場合、リカバリコードまたはその他のリカバリ方法を使用して、アカウントへのアクセスを回復できます。

2 要素認証リカバリコードを使用する

リカバリコードのうち 1 つを使用して、アカウントへのエントリを自動で再取得します。 リカバリコード は、多くの場合、パスワードマネージャまたはご使用のコンピュータのダウンロードフォルダに保存されています。 回復コードの既定のファイル名は github-recovery-codes.txt です。 回復コードの詳細については、「2 要素認証の回復方法の構成」を参照してください。

  1. 認証を求めるためにユーザ名とパスワードを入力してください。

    警告: 2 要素認証で個人アカウントを保護してもパスワードがわからない場合は、次の手順に従ってアカウントを回復することはできません。 GitHub は、アカウントに関連付けられている確認済みのアドレスにパスワード リセットの電子メールを送信できます。 詳細については、「GitHub のアクセス資格情報の更新」を参照してください。

  2. [2FA] ページの [Don't have your phone?](携帯電話を持っていない) の下の [Enter a two-factor recovery code](2 要素回復コードを入力) をクリックします。

    回復コードを使用するためのリンクのスクリーンショット

  3. いずれかの回復コードを入力し、 [確認] をクリックします。

    リカバリコードを入力するフィールドおよび [Verify] ボタン

セキュリティキーによる認証

セキュリティキーを使用して 2 要素認証を設定した場合は、セキュリティキーをセカンダリ認証方式として使用すると、アカウントへのアクセスを自動で再取得できます。 詳細については、「2 要素認証の構成」を参照してください。