Skip to main content

2 要素認証クレデンシャルをなくした際のアカウントの回復

2 要素認証の認証情報にアクセスできなくなった場合、リカバリコードまたはその他のリカバリ方法を使用して、アカウントへのアクセスを回復できます。

2 要素認証リカバリコードを使用する

リカバリコードのうち 1 つを使用して、アカウントへのエントリを自動で再取得します。 リカバリコード は、多くの場合、パスワードマネージャまたはご使用のコンピュータのダウンロードフォルダに保存されています。 リカバリコードのデフォルトのファイル名は github-recovery-codes.txt です。 リカバリコードの詳しい情報については「2 要素認証リカバリ方法を設定する」を参照してください。

  1. 認証を求めるためにユーザ名とパスワードを入力してください。

    Warning: 個人アカウントを2要素認証で保護しており、パスワードを知らない場合、アカウントの回復のためのこれらのステップに従うことができません。 GitHubはパスワードリセットのメールを、アカウントに関連づけられた検証済みアドレスに送信できます。 詳しい情報については「GitHubアクセスの認証情報の更新」を参照してください。

  2. [2FA] ページで、[Don't have your phone?] の下にある [Enter a two-factor recovery code] をクリックします。

    Screenshot of link to use a recovery code

  3. リカバリコードを 1 つ入力して、[Verify] をクリックします。

    リカバリコードを入力するフィールドおよび [Verify] ボタン

セキュリティキーによる認証

セキュリティキーを使用して 2 要素認証を設定した場合は、セキュリティキーをセカンダリ認証方式として使用すると、アカウントへのアクセスを自動で再取得できます。 詳しい情報については、「2 要素認証を設定する」を参照してください。