Skip to main content

GPG キーとメールの関連付け

GPG キーは、コミッタのアイデンティティとマッチする GitHub Enterprise Server が検証済みのメールと関連づけられなければなりません。

コミッター ID と、your GitHub Enterprise Server instance でのアカウントに関連付けられた検証済みのメール アドレスに一致する GPG キーを使っている場合、コミットやタグへの署名を始めることができます。

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。 1. 公開キーと秘密キーの両方がある GPG キーを長い形式で一覧表示するには、gpg --list-secret-keys --keyid-format=long コマンドを使用します。 コミットやタグに署名するには秘密鍵が必要です。

    Shell
    $ gpg --list-secret-keys --keyid-format=long

    注: Linux での一部の GPG インストールには、代わりに既存のキーの一覧を表示するには、gpg2 --list-keys --keyid-format LONG の使用が必要となる場合があります。 この場合、git config --global gpg.program gpg2 を実行して gpg2 を使用するには、Git を構成する必要もあります。

    1. GPGキーのリストから、使いたいGPGキーIDの長い形式をコピーしてください。 この例では、GPG キー ID は `3AA5C34371567BD2` です。 ```shell{:copy} $ gpg --list-secret-keys --keyid-format=long /Users/hubot/.gnupg/secring.gpg ------------------------------------ sec 4096R/3AA5C34371567BD2 2016-03-10 [expires: 2017-03-10] uid Hubot ssb 4096R/42B317FD4BA89E7A 2016-03-10 ```
  2. gpg --edit-key GPG key ID を入力します。GPG キー ID は実際に使用するものに置き換えてください。 次の例では、GPG キー ID は 3AA5C34371567BD2 です。

    $ gpg --edit-key 3AA5C34371567BD2
  3. gpg> adduid を入力して、ユーザー ID の詳細を追加します。

    $ gpg> adduid
  4. プロンプトに従って、本名、メールアドレス、あればコメントを入力してください。 NC、または E を選択して、エントリを変更できます。

    Real Name: Octocat
    Email address: octocat@github.com
    Comment: GitHub key
    Change (N)ame, (C)omment, (E)mail or (O)kay/(Q)uit?
  5. O を入力し、選択内容を確認します。

  6. キーのパスフレーズを入力してください。

  7. gpg> save を入力し、変更を保存します

    $ gpg> save
  8. gpg --armor --export GPG key ID を入力します。GPG キー ID は実際に使用するものに置き換えてください。 次の例では、GPG キー ID は 3AA5C34371567BD2 です。

    $ gpg --armor --export 3AA5C34371567BD2
    # Prints the GPG key, in ASCII armor format
  9. GPG キーを、GitHub アカウントに追加してアップロードします。

参考資料