Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-01-18. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Moving assigned issues on project boards

You can use GitHub Actions to automatically move an issue to a specific column on a project board when the issue is assigned.

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

Introduction

This tutorial demonstrates how to use the alex-page/github-project-automation-plus action to automatically move an issue to a specific column on a project board when the issue is assigned. For example, when an issue is assigned, you can move it into the In Progress column your project board.

In the tutorial, you will first make a workflow file that uses the alex-page/github-project-automation-plus action. Then, you will customize the workflow to suit your needs.

Creating the workflow

  1. このプロジェクト管理ワークフローを適用したいリポジトリを選択してください。 書き込みアクセス権を持つ既存のリポジトリを利用することも、新しいリポジトリを作成することもできます。 リポジトリの作成の詳細については、「新しいリポジトリの作成」を参照してください。

  2. In your repository, choose a project board. You can use an existing project, or you can create a new project. For more information about creating a project, see "Creating a project board."

  3. リポジトリに .github/workflows/YOUR_WORKFLOW.yml というファイルを作成します (YOUR_WORKFLOW は任意の名前に置き換えます)。 これがワークフローファイルです。 GitHub での新しいファイルの作成の詳細については、「新しいファイルの作成」を参照してください。

  4. Copy the following YAML contents into your workflow file.

    YAML
    # このワークフローはGitHubによって認定されていないアクションを使用します。
    # それらはサードパーティによって提供され、
    # 別個の利用規約、プライバシーポリシー、
    # ドキュメントを参照してください。
    
    # GitHub では、コミット SHA にアクションをピン留めすることが推奨されます。
    # 新しいバージョンを取得するには、SHA を更新する必要があります。
    # タグまたはブランチを参照することもできますが、アクションは警告なしに変更される可能性があります。
    
    name: Move assigned card
    on:
      issues:
        types:
          - assigned
    jobs:
      move-assigned-card:
        runs-on: ubuntu-latest
        steps:
          - uses: alex-page/github-project-automation-plus@5bcba1c1c091a222584d10913e5c060d32c44044
            with:
              project: Docs Work
              column: In Progress
              repo-token: ${{ secrets.PERSONAL_ACCESS_TOKEN }}
  5. Customize the parameters in your workflow file:

    • Change the value for project to the name of your project board. If you have multiple project boards with the same name, the alex-page/github-project-automation-plus action will act on all projects with the specified name.
    • Change the value for column to the name of the column where you want issues to move when they are assigned.
    • Change the value for repo-token:
      1. Create a personal access token with the repo scope. For more information, see "Creating a personal access token."
      2. Store this personal access token as a secret in your repository. For more information about storing secrets, see "Encrypted secrets."
      3. In your workflow file, replace PERSONAL_ACCESS_TOKEN with the name of your secret.
  6. ワークフローファイルを、リポジトリのデフォルトブランチにコミットしてください。 詳細については、「新しいファイルの作成」を参照してください。

Testing the workflow

Whenever an issue in your repository is assigned, the issue will be moved to the specified project board column. If the issue is not already on the project board, it will be added to the project board.

If your repository is user-owned, the alex-page/github-project-automation-plus action will act on all projects in your repository or personal account that have the specified project name and column. Likewise, if your repository is organization-owned, the action will act on all projects in your repository or organization that have the specified project name and column.

Test your workflow by assigning an issue in your repository.

  1. Open an issue in your repository. For more information, see "Creating an issue."
  2. Assign the issue. For more information, see "Assigning issues and pull requests to other GitHub users."
  3. To see the workflow run that assigning the issue triggered, view the history of your workflow runs. For more information, see "Viewing workflow run history."
  4. When the workflow completes, the issue that you assigned should be added to the specified project board column.

Next steps