Skip to main content

ジョブの既定値の設定

ワークフロー内のすべてのジョブまたはジョブのすべてのステップに適用される既定の設定を定義します。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

概要

defaults を使用して、デフォルト設定の map を作成します。これは、ワークフロー内のすべてのジョブに適用されます。 1つのジョブだけで利用できるデフォルト設定を設定することもできます。 詳細については、「jobs.<job_id>.defaults」を参照してください。

同じ名前で複数のデフォルトの設定が定義されている場合、GitHubは最も具体的なデフォルト設定を使用します。 たとえば、ジョブで定義されたデフォルト設定は、同じ名前を持つワークフローで定義されたデフォルト設定をオーバーライドします。

既定のシェルと作業ディレクトリの設定

defaults.run を使用すると、ワークフロー内のすべての run ステップに、デフォルトの shell オプションと working-directory オプションを指定できます。 1 つのジョブにのみ利用できる run に対して、デフォルト設定を設定することもできます。 詳細については、「jobs.<job_id>.defaults.run」を参照してください。 このキーワード中では、コンテキストや式を使うことはできません。

同じ名前で複数のデフォルトの設定が定義されている場合、GitHubは最も具体的なデフォルト設定を使用します。 たとえば、ジョブで定義されたデフォルト設定は、同じ名前を持つワークフローで定義されたデフォルト設定をオーバーライドします。

例: デフォルトのシェルと作業ディレクトリを設定する

defaults:
  run:
    shell: bash
    working-directory: scripts

特定のジョブの既定値を設定する

jobs.<job_id>.defaults を使用して、デフォルト設定の map を作成します。これは、ジョブ内のすべてのシェルに適用されます。 ワークフロー全体に対してデフォルト設定を設定することもできます。 詳細については、「defaults」を参照してください。

同じ名前で複数のデフォルトの設定が定義されている場合、GitHubは最も具体的なデフォルト設定を使用します。 たとえば、ジョブで定義されたデフォルト設定は、同じ名前を持つワークフローで定義されたデフォルト設定をオーバーライドします。

ジョブの既定のシェルと作業ディレクトリの設定

jobs.<job_id>.defaults.run を使用して、ジョブ内のすべての run ステップに既定の shellworking-directory を指定します。 このセクションではコンテキストと式は許されていません。

ジョブ内のすべての run ステップに既定の shellworking-directory のオプションを指定できます。 また、ワークフロー全体の run に既定の設定を設定することもできます。 詳細については、「jobs.defaults.run」を参照してください。 このキーワード中では、コンテキストや式を使うことはできません。

同じ名前で複数のデフォルトの設定が定義されている場合、GitHubは最も具体的なデフォルト設定を使用します。 たとえば、ジョブで定義されたデフォルト設定は、同じ名前を持つワークフローで定義されたデフォルト設定をオーバーライドします。

例: ジョブの既定の run ステップ オプションの設定

jobs:
  job1:
    runs-on: ubuntu-latest
    defaults:
      run:
        shell: bash
        working-directory: scripts