Skip to main content

Enterprise でセキュリティ設定のポリシーを適用する

Enterprise の Organization 内のセキュリティ設定を管理するようにポリシーを適用することも、各 Organization でポリシーを設定することもできます。

この機能を使用できるユーザーについて

Enterprise owners can enforce policies for security settings in an enterprise.

Enterprise でのセキュリティ設定のポリシーについて

ポリシーを適用して、GitHub Enterprise Server で Enterprise が所有する Organization のセキュリティ設定を制御できます。 既定では、Organization の所有者はセキュリティ設定を管理できます。

Enterprise で Organization に対して 2 要素認証を必須にする

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で LDAP 認証または組み込み認証が使用されている場合、Enterprise 所有者は、Enterprise が所有するすべての組織の Organization メンバー、支払いマネージャー、外部コラボレーターに対して、ユーザー アカウントをセキュリティで保護するために 2 要素認証を使用することを要求できます。

Enterprise が所有するすべての Organization で 2 要素認証を要求する前に、所有者自身のアカウントの 2 要素認証を有効にする必要があります。 詳しくは、「2 要素認証でアカウントを保護する」を参照してください。

警告:

  • Enterprise で 2 要素認証を要求すると、Enterprise が所有するすべての Organization 内のメンバー、外部コラボレーター、支払いマネージャー (ボットアカウントを含む) で、2 要素認証を使わないものは、Organization から削除され、そのリポジトリにアクセスできなくなります。 Organization のプライベートリポジトリのフォークへのアクセスも失います。 Organization から削除されてから 3 か月以内にユーザーが自分のアカウントで 2 要素認証を有効にすれば、そのユーザーのアクセス特権と設定を復帰できます。 詳しくは、「組織の以前のメンバーの回復」を参照してください。
  • 2 要素認証の要求を有効にした後、その Enterprise アカウントで所有されるすべての Organization の所有者、メンバー、支払いマネージャー、または外部コラボレーターが、各自のアカウントで 2 要素認証を無効にすると、Organization から自動的に削除されます。
  • 2 要素認証を要求するエンタープライズに所有者が 1 人しかいない場合は、エンタープライズに対する 2 要素認証の要求を無効にしない限り、所有者のユーザー アカウントの 2 要素認証を無効にすることはできません。

2 要素認証の使用を義務化する前に、Organization のメンバー、外部コラボレーター、支払いマネージャーに通知をして、各自に自分のアカウントで 2 要素認証をセットアップしてもらってください。 Organization のオーナーは、メンバーと外部コラボレーターがすでに 2 要素認証を使用しているかどうかを、各 Organization の [People] ページで確認できます。 詳しくは、「組織内のユーザが 2 要素認証を有効にしているかどうかを表示する」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロフィール フォトをクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。

    GitHub Enterprise Server のプロファイル写真をクリックしたときに表示されるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [エンタープライズ設定] オプションが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  2. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。

  3. [設定] で、 [認証セキュリティ] をクリックします。

  4. [Two-factor authentication] で、設定変更に関する情報を確認します。 必要に応じて、設定を変更する前に Enterprise アカウントのすべての Organization の現在の構成を確認するには、 [Organization の現在の構成を表示する] をクリックします。

    Enterprise 設定のポリシーのスクリーンショット。 [Organization の現在の構成を表示する] というラベルの付いたリンクが、オレンジ色の枠線で強調表示されています。

  5. [2 要素認証] で、 [会社のすべての Organizations に 2 要素認証を要求する] をオンにして、 [保存] をクリックします。

  6. メッセージが表示されたら、Enterprise が所有する Organization から削除されるメンバーと外部コラボレーターに関する情報を読みます。 変更を確定するには、Enterprise の名前を入力して、 [メンバーを削除し、2 要素認証を必須にする] をクリックします。

  7. Enterprise によって所有される Organization から削除されるメンバーまたは外部コラボレーターがいる場合、Organization への元の権限とアクセス権を復帰するための招待状を、それらのユーザーに送信することをお勧めします。 彼らが招待状を受け取ることができるようにするには、まず各ユーザーが 2 要素認証を有効にする必要があります。

Enterprise の SSH 証明機関を管理する

SSH 証明機関 (CA) を使用して、Enterprise が所有するすべての Organization のメンバーに、指定した SSH 証明書を使用してその Organization のリポジトリにアクセスすることを許可できます。 SSHがリポジトリで無効になっていなければ、Organizationのリソースにメンバーがアクセスする際に、SSH証明書を使わなければならないようにすることができます。 詳細については、「SSH認証局について」を参照してください。

各クライアント証明書を発行する際には、その証明書がどのGitHub Enterprise Serverユーザー用かを示すエクステンションを含める必要があります。 詳しくは、「SSH認証局について」を参照してください。

SSH認証局を追加する

Enterprise に SSH 証明書が必要な場合、Enterprise メンバーは SSH 経由の Git 操作に特別な URL を使用する必要があります。 詳しくは、「SSH認証局について」を参照してください。

各証明機関は、GitHub Enterprise Server 上の 1 個のアカウントにのみアップロードできます。 SSH 証明機関が Organization または Enterprise アカウントに追加されている場合、GitHub Enterprise Server 上の別の Organization または Enterprise アカウントに同じ証明機関を追加することはできません。

1 つの証明機関を Enterprise に追加し、もう 1 つの証明機関を Enterprise 内の Organization に追加する場合は、いずれかの証明機関を使用して Organization のリポジトリにアクセスできます。

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロフィール フォトをクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。

    GitHub Enterprise Server のプロファイル写真をクリックしたときに表示されるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [エンタープライズ設定] オプションが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  2. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。

  3. [設定] で、 [認証セキュリティ] をクリックします。

  4. [SSH 認証局] の右側にある [新しい CA] をクリックします。

  5. "Key(キー)"の下で、公開SSHキーを貼り付けてください。

  6. [CA の追加] をクリックします。

  7. 必要に応じて、メンバーに SSH 証明書の使用を要求するには、 [SSH 証明書を要求する] を選択し、 [保存] をクリックします。

    注: SSH 証明書が必要な場合、ユーザーは HTTPS または未署名の SSH キーを使用して組織のリポジトリにアクセスするための認証を行うことができなくなります。

    その要件は承認された OAuth appsと GitHub Apps (ユーザーからサーバーへのトークンを含む)、またはデプロイ キーや GitHub エコシステム内の信頼された環境である GitHub Actions などの GitHub 機能には適用されません。

SSH認証局を削除する

CAを削除すると、元に戻すことはできません。 同じCAを使用したくなった場合には、そのCAを再びアップロードする必要があります。

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロフィール フォトをクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。

    GitHub Enterprise Server のプロファイル写真をクリックしたときに表示されるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [エンタープライズ設定] オプションが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  2. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。

  3. [設定] で、 [認証セキュリティ] をクリックします。

  4. [SSH 認証局] で、削除する CA の右側にある [削除] をクリックします。

  5. 警告を読み、 [わかりました。この CA を削除してください] をクリックします。

では、期限切れでない証明書の使用が許可されます。 新しい CA に有効期限切れが必要になった理由の詳細については、「SSH認証局について」を参照してください。 既存の CA をアップグレードして、有効期限が切れていない証明書を発行できないようにすることができます。 最適なセキュリティを確保するために、期限切れでない証明書に依存していないことを検証したら、すべての CA をアップグレードすることを強くお勧めします。

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロフィール フォトをクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。

    GitHub Enterprise Server のプロファイル写真をクリックしたときに表示されるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [エンタープライズ設定] オプションが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  2. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。

  3. [設定] で、 [認証セキュリティ] をクリックします。

  4. 「SSH 証明機関」で、アップグレードする CA の右側にある [アップグレード] をクリックします。

  5. 警告を読み取ったら、[アップグレード] をクリックします。

CA をアップグレードすると、その CA によって署名された有効期限が切れていない証明書は拒否されます。

参考資料