Skip to main content

グローバルwebhookの管理

Enterprise 内でイベントが発生したときに外部の Web サーバーに通知するように、グローバル Webhook を構成できます。

この機能を使用できるユーザーについて

Enterprise owners can manage global webhooks for an enterprise account.

グローバルwebhookについて

グローバル Webhook を使用して、企業内で発生したイベントを外部の Web サーバーに通知できます。 Webhook のペイロードを受信した後、企業のユーザーや組織の管理の監視、応答、またはルールの適用を行うアプリケーションまたはコードを実行するように、サーバーを構成できます。 詳しくは、「Webhook ドキュメント」を参照してください。

たとえば、誰かがエンタープライズ内のリポジトリや組織を作成、削除、または変更したときに Webhook を送信するように、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス を構成できます。 Webhook を受信した後でタスクを自動的に実行するようにサーバーを構成できます。

REST API を使用してグローバル Webhook を管理することもできます。 エンドポイントの完全なリストについては、「グローバル Webhook」を参照してください。

グローバルwebhookの追加

エンタープライズ用のグローバル Webhook を追加できます。 詳しくは、「webhookの作成」を参照してください。

グローバルwebhookの編集

グローバル Webhook を編集して、Webhook が最初に作成されたときに選択された設定を変更できます。 詳しくは、「webhookの編集」を参照してください。

グローバル Webhook を無効にする

グローバル Webhook を無効化または削除できます。 詳しくは、「Webhook を無効にする」を参照してください。

最近のデリバリとレスポンスの表示

過去 7 日間に発生した Webhook 配信に関する詳細を表示できます。 詳しくは、「webhookの配信の表示」を参照してください。