Skip to main content

プッシュログの表示

サイト管理者は、Enterprise 上の任意のリポジトリに対する Git プッシュ操作の一覧を確認することができます。

プッシュログの項目には次の情報が含まれています。

  • プッシュを開始した人
  • フォースプッシュであったかどうか
  • プッシュされたブランチ
  • プッシュするために使ったプロトコル
  • プッシュ元の IP アドレス
  • プッシュするために使った Git クライアント
  • 操作前と操作後の SHA ハッシュ

リポジトリのプッシュログを表示する

  1. サイト管理者として GitHub Enterprise Server にサインインします。
  2. リポジトリにアクセスします。
  3. リポジトリのページの右上隅にある [] をクリックします。
  4. ページの右上隅にある [セキュリティ] をクリックします。 ユーザーまたはリポジトリの [サイト管理者] ページのヘッダーのスクリーンショット。 [セキュリティ] タブがオレンジ色の枠線で強調されています。
  5. 左側のサイドバーで、 [プッシュ ログ] をクリックします。

コマンドラインでリポジトリのプッシュログを表示する

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス に SSH で接続します。 インスタンスが複数のノードで構成されている場合は (高可用性や geo レプリケーションが構成されている場合など)、プライマリ ノードに SSH 接続します。 クラスターを使用する場合は、任意のノードに SSH 接続できます。 HOSTNAME をインスタンスのホスト名、またはノードのホスト名または IP アドレスに置き換えます。 詳しくは、「管理シェル (SSH) にアクセスする」を参照してください。

    Shell
    ssh -p 122 admin@HOSTNAME
    
  2. 適切な Git リポジトリで Audit log ファイルを開いてください。

    ghe-repo OWNER/REPOSITORY -c "cat audit_log"