Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-08-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

エンタープライズの自動ユーザー ライセンス同期を有効にする

ユーザー ライセンスを お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス から GitHub Enterprise Cloud に自動的に同期することで、GitHub Enterprise 環境全体のライセンス使用状況を管理できます。

この機能を使用できるユーザーについて

Enterprise owners can enable automatic user license synchronization.

自動ライセンスの同期について

GitHub では、一意ユーザーのライセンス モデルが使用されます。 複数のデプロイ オプションを含むエンタープライズ製品の場合、GitHub では、すべてのデプロイ全体の一意のユーザー数に基づいて、使用するライセンス シートの数が決まります。

各ユーザーは、そのユーザーが使う GitHub Enterprise Server インスタンスの数や、GitHub Enterprise Cloud でそのユーザーがメンバーになっている Organization の数に関係なく、1 つのライセンスのみを使います。 このモデルを使用すると、各ユーザーが、追加のコストなしで複数の GitHub Enterprise デプロイを使用できます。

複数の GitHub Enterprise 環境を使用しているユーザーが 1 つのライセンスのみを使用するためには、環境間でライセンス利用状況を同期する必要があります。 その後、ユーザー アカウントに関連付けられているメール アドレスに基づいて、GitHub によりユーザーの重複が除去されます。 GitHub は、GitHub Enterprise プラン自体のライセンスを重複除去します ()。 詳しくは、「GitHub Enterprise のライセンス使用状況のトラブルシューティング」を参照してください。詳しくは、「About GitHub Connect」をご覧ください。

エンタープライズの自動ユーザー ライセンス同期を有効にすると、GitHub Connect は GitHub Enterprise Server と GitHub Enterprise Cloud の間でライセンスの使用状況を毎週自動的に同期します。また、毎週の自動同期以外の時間帯でも、手動でライセンス同期ジョブをトリガーすることで、ライセンス データを同期できます。 詳細については、「GitHub Enterprise ServerとGitHub Enterprise Cloudとのライセンス利用状況の同期」を参照してください。

複数の GitHub Enterprise Server インスタンスを使っている場合、各インスタンスと GitHub Enterprise Cloud 上の同じ Enterprise アカウントとの間で自動ライセンス同期を有効にできます。

ライセンス利用状況を同期すると、GitHub Enterprise Cloud のエンタープライズ設定で、すべての環境における使用済みライセンスのレポートを表示できます。 詳しくは、「GitHub Enterpriseのライセンス利用状況の表示」を参照してください。

GitHub Enterprise Serverユーザライセンス情報を手動でGitHub Enterprise Cloudにアップロードすることもできます。 詳しくは、「GitHub Enterprise ServerとGitHub Enterprise Cloudとのライセンス利用状況の同期」を参照してください。

Note

トラブルシューティングを容易にするために、ライセンスの使用状況を同期して Enterprise Managed Users を使用しない場合は、GitHub Enterprise Cloud のEnterprise アカウントに対して検証済みのドメインを有効にすることを強くおすすめします。 GitHub Enterprise Cloud ドキュメントの「Enterprise のドメインを検証または承認する」をご覧ください。

ライセンス同期の有効化

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス でライセンス同期を有効にする前に、GitHub Connect を有効にする必要があります。 詳しくは、「GitHub Connect の管理」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロフィール フォトをクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。

    GitHub Enterprise Server のプロファイル写真をクリックしたときに表示されるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [エンタープライズ設定] オプションが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  2. [Enterprise アカウント] サイドバーで、 [GitHub Connect] をクリックします。

  3. [ライセンス同期] の右の [有効] をクリックします。

    GitHub Connect ページの [ライセンス同期] オプションのスクリーンショット。 [有効] ボタンがオレンジ色の枠線で囲まれています。