Skip to main content

クラスタリングの設定

GitHub Enterprise Server のクラスター トポロジは、数万人の開発者の環境に水平スケーリングを提供します。

この機能を使用できるユーザーについて

GitHub はクラスタリングの適格性を決定し、インスタンスのライセンスの構成を有効にする必要があります。 クラスタリングには、慎重な計画と追加の管理オーバーヘッドが必要です。 詳しくは、「クラスタリングについて」を参照してください。

クラスタリングについて

GitHub Enterprise Server のクラスター トポロジは、数万人のユーザーをサポートするように設計されています。他のトポロジの場合、リソース不足が発生する可能性があります。 クラスターでは、インスタンスのサービスは複数のノードにわたって水平にスケーリングされます。

クラスタリングと High Availability (HA) の違い

GitHub Enterprise Server インスタンスを構成する仮想マシン (VM) のデプロイ トポロジの違いについて説明します。

クラスタノードについて

GitHub Enterprise Server クラスターでは、ノードはインスタンスを構成する GitHub Enterprise Server ソフトウェアを実行する個々の仮想マシン (VM) に相当します。 各ノードは、一連のサービスを実行します。

クラスタのネットワーク設定

The cluster topology for GitHub Enterprise Server provides horizontal scaling for environments with tens of thousands of developers.

クラスタの初期化

GitHub Enterprise Server クラスタはライセンスを使用して設定し、管理シェル (SSH) を使用して初期化する必要があります。

クラスタのアップグレード

管理シェル (SSH) を使用して GitHub Enterprise Server クラスターを最新のリリースにアップグレードします。

クラスターの正常性の監視

GitHub Enterprise Server クラスターのパフォーマンスと冗長性を確保するために、クラスターの正常性を監視できます。

ノード適格性サービスを使用したクラスター ノードの正常性の監視

GitHub Enterprise Server クラスター内のノードが、Node Eligibility Service を使用して問題を引き起こすのに十分な時間オフラインになっている場合を監視できます。

クラスター ワークロードの再調整

GitHub Enterprise Server クラスターで、クラスターのノード上のワークロードのジョブ割り当てを均等に分散させることができます。

データ サービスを実行しているクラスター ノードの退避

GitHub Enterprise Serverクラスター内のノードが分散データを格納するサービスを実行している場合は、ノードのデータを退避させてノードを置き換える準備をするときに冗長性を確保できます。

クラスタノードの入れ替え

GitHub Enterprise Server クラスターでノードが失敗した場合、またはリソースが多い新しいノードを追加する場合は、置き換えるノードをオフラインとしてマークしてから、新しいノードを追加します。

クラスタの High Availability レプリケーションを設定する

GitHub Enterprise Server クラスター全体のレプリカを別のデータセンターに構成し、クラスターが冗長ノードにフェールオーバーできるようにします。

レプリカ クラスターへのフェールオーバーを開始する

GitHub Enterprise Server クラスターに障害が発生した場合は、レプリカにフェールオーバーできます。