ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ストレージ容量の増加

Gitリポジトリ、データベース、検索インデックス、その他の恒久的なアプリケーションデータに利用できるストレージの量は、追加あるいは変更できます。

ここには以下の内容があります:

警告: 新しいリソースの割り当てプロセスは、仮想化プラットフォームやリソースの種類によって様々です。 重要なシステムリソースのモニタリングとアラートは、必ず設定しておいてください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Serverアプライアンスのモニタリング」を参照してください。

your GitHub Enterprise Server instanceに参加するユーザが増えるにつれて、ストレージボリュームをリサイズする必要があるかもしれません。 ストレージのリサイズに関する情報については、使用している仮想化プラットフォームのドキュメンテーションを参照してください。

要求及び推奨事項

ノート: ユーザストレージボリュームをリサイズする前に、インスタンスをメンテナンスモードにしてください。 詳しい情報については"メンテナンスモードの有効化とスケジューリング"を参照してください。

最小要件

ノート: GitHub ActionsもしくはGitHub Packagesのベータに参加してこれらの機能を有効化している場合、インスタンスには追加のハードウェアリソースが必要になります。 ベータ機能を使うインスタンスの最小要件は、以下のテーブル中の太字に示されています。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Server 2.22のベータの機能」を参照してください。

ユーザライセンスvCPUsメモリアタッチされたストレージルートストレージ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ2
or 4
16 GB
or 32 GB
100 GB
or 150 GB
200 GB
10-30004
or 8
32 GB
or 48 GB
250 GB
or 300 GB
200 GB
3000-50008
or 12
64 GB500 GB200 GB
5000-800012
or 16
96 GB750 GB200 GB
8000-10000+16
or 20
128 GB
or 160 GB
1000 GB200 GB

既存のインスタンスのリソース調整に関する詳しい情報については「ストレージ容量の増加」及び「CPUあるいはメモリリソースの増加」を参照してください。

GitHub Enterprise Server 2.22のベータの機能

GitHub Enterprise Server 2.22は、GitHub Actions、GitHub Packages、code scanningといった機能をベータで提供しています。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Server 2.22 リリースノートを参照してください。

GitHub Enterprise Server 2.22のベータの機能を有効化した場合、インスタンスには追加のハードウェアリソースが必要です。 最小要件に関する詳しい情報については「最小要件」を参照してください。

GitHub Actionsのハードウェアの要件に関する詳しい情報については「GitHub Enterprise ServerでGitHub Actionsを利用しはじめる」を参照してください。

データパーティションサイズの増加

  1. 仮想化プラットフォームのツールを使用して、既存のユーザーボリュームのディスクのサイズを変更します。
  2. your GitHub Enterprise Server instanceにSSHでアクセスしてください。 詳しい情報については「管理シェル(SSH)にアクセスする」を参照してください。
    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
  3. アプライアンスをメンテナンスモードにしてください。 詳しい情報については"メンテナンスモードの有効化とスケジューリング"を参照してください。
  4. アプライアンスを再起動して、新しいストレージの割り当てを検出させてください。
  5. ghe-storage-extend コマンドを実行して、/data/user のファイルシステムを拡張します。
    $ ghe-storage-extend

新しいアプライアンスを使用したルートパーティションサイズの増加

  1. 現在のアプライアンスと同じバージョンを使用して、より大きなルートディスクで新たな GitHub Enterprise Server をセットアップします。 詳細は「GitHub Enterprise Server インスタンスをセットアップする」を参照してください。
  2. 現在のアプライアンスをシャットダウンします。
  3. 使用している仮想化プラットフォームのツールを使い、現在のアプライアンスからデータディスクをデタッチします。
  4. 大きなルートディスクを持つ新しいアプライアンスにデータディスクをアタッチします。

既存のアプライアンスを使用したルートパーティションサイズの増加

  1. GitHub Enterprise Server アプライアンスに新しいディスクを取り付けます。
  2. parted コマンドを実行して、ディスクをフォーマットします。
    $ sudo parted /dev/xvdg mklabel msdos
    $ sudo parted /dev/xvdg mkpart primary ext4 0% 50%
    $ sudo parted /dev/xvdg mkpart primary ext4 50% 100%
  3. ghe-upgrade コマンドを実行して、完全なプラットフォーム固有のパッケージを新たにパーティション分割されたディスクにインストールします。 github-enterprise-2.11.9.hpkg などのユニバーサルなホットパッチのアップブレードパッケージは、期待通りに動作しません。
    $ ghe-upgrade PACKAGE-NAME.pkg -s -t /dev/xvdg1
  4. アプライアンスをシャットダウンします。
  5. ハイパーバイザーで、古いルートディスクを取り外し、古いルートディスクと同じ場所に新しいルートディスクを取り付けます。
  6. アプライアンスを起動します。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.