ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.22
記事のバージョン: Enterprise Server 2.22

使用制限、支払い、管理

GitHub Actions ワークフローには使用制限があります。 使用料は、リポジトリの空き時間とストレージの量を超えるリポジトリに適用されます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ここには以下の内容があります:

GitHub Actions の支払いを管理する GitHubは、macOSランナーのホストにMacStadiumを使用しています。

GitHub Actionsの支払いについて

GitHub アクションの使用は、 セルフホストランナーを使用する GitHub Enterprise Server では無料です。

使用制限

使用制限は、セルフホストランナーに適用されます。 詳しい情報については「セルフホストランナーについて」を参照してください。

リポジトリまたは Organization の GitHub Actions を無効化または制限する

By default, after GitHub Actions is enabled on your GitHub Enterprise Server instance, it is enabled on all repositories and organizations. You can choose to disable GitHub Actions or limit them to private actions only, which means that people can only use actions that exist in your repository.

詳しい情報については、以下を参照してください。

ワークフローの無効化と有効化

GitHub のリポジトリで個々のワークフローを有効化または無効化できます。

To prevent unnecessary workflow runs, scheduled workflows may be disabled automatically. When a public repository is forked, scheduled workflows are disabled by default. In a public repository, scheduled workflows are automatically disabled when no repository activity has occurred in 60 days.

詳しい情報については、「ワークフローの無効化と有効化」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.