ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ワークフローの手動実行

ワークフローが「workflow_dispatch」イベントで実行されるように設定されている場合、REST API を使用するか、GitHub の [Actions] タブからワークフローを実行できます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ここには以下の内容があります:

GitHub Actions の支払いを管理する GitHubは、macOSランナーのホストにMacStadiumを使用しています。

Configuring a workflow to run manually

ワークフローを手動で実行するには、workflow_dispatch イベントで実行するようにワークフローを設定する必要があります。 For more information about configuring the workflow_dispatch event, see "Events that trigger workflows".

GitHub でワークフローを実行する

GitHub で workflow_dispatch イベントをトリガーするには、ワークフローがデフォルトブランチに含まれている必要があります。 ワークフローの実行を手動でトリガーするには、次の手順に従います。

Read access to the repository is required to perform these steps.

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。
    メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ
  3. 左側のサイドバーで、実行するワークフローをクリックします。
    アクション選択ワークフロー
  4. ワークフロー実行の一覧の上にある [ワークフローの実行 ****を実行する] を選択します。
    アクション ワークフローのディスパッチ
  5. ワークフローを実行する分岐を選択し、ワークフローで使用される入力パラメータを入力します。 [ ワークフロー**実行 ] をクリックします。
    アクションはワークフローを手動で実行します

REST API を使用してワークフローを実行する

REST API を使用する場合は、 入力 を構成し、要求本文パラメーターとして ref します。 入力を省略すると、ワークフロー ファイルで定義されている既定値が使用されます。

REST API の使用の詳細については、「ワークフローディスパッチ イベントの作成」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.