Organization について GitHub Actions を無効化または制限する

Organization のオーナーは Organization の GitHub Actions を無効化、有効化、制限することができます。

ノート: GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 2.22で限定ベータとして利用可能でした。 ベータは終了しました。 GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 3.0以降で一般に利用可能になりました。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 のリリースノートを参照してください。


ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

Organization の GitHub Actions 権限について

デフォルトでは、GitHub Enterprise Serverのインスタンス上で有効化されると、GitHub ActionsはすべてのリポジトリとOrganizationで有効になります。 GitHub Actionsを無効化したり、プライベートのアクションのみに制限し、リポジトリ内に存在するアクションだけを使えるようにすることができます。 GitHub Actions の詳細は、「GitHub Actionsについて」を参照してください。

Organization のすべてのリポジトリについて GitHub Actions を有効化することができます。 GitHub Actionsを有効化すると、ワークフローはリポジトリ内と、その他の任意のパブリックリポジトリ内のアクションを実行できるようになります。 Organization のすべてのリポジトリについて 、GitHub Actions を無効化できます。 GitHub Actionsを無効化すると、リポジトリでワークフローが実行されなくなります。

あるいは、Organization のすべてのリポジトリについて GitHub Actions を有効化したうえで、ワークフローで実行できるアクションを制限することができます。 ローカルアクションのみを有効化した場合、ワークフローはリポジトリ、Organization、Enterprise内のアクションだけを実行できるようになります。

Organization の GitHub Actions 権限の管理

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてYour organizations(あなたのOrganization)をクリックしてください。 プロフィールメニューのあなたのOrganization
  2. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン
  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
  4. [Local and third-party Actions] で、オプションを選択します。 この Organization でアクションを有効化、無効化、制限
  5. [Save] をクリックします。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡