ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

セルフホストランナーアプリケーションをサービスとして設定する

セルフホストランナーアプリケーションをサービスとして設定し、マシンの起動時に自動的にランナーアプリケーションが開始されるようにできます。

ここには以下の内容があります:

GitHub Actions の支払いを管理する GitHubは、macOSランナーのホストにMacStadiumを使用しています。

セルフホストランナーアプリケーションをサービスとして設定する前に、ランナーをGitHub Enterprise Serverに追加しなければなりません。 詳しい情報については「セルフホストランナーの追加」を参照してください。

systemdを利用するLinuxのシステムでは、セルフホストランナーアプリケーションと共に配布されているsvc.shスクリプトを使い、セルフホストランナーアプリケーションをサービスとしてインストール及び管理できます。

ランナー マシンで、セルフホストランナー アプリケーションをインストールしたディレクトリでシェルを開きます。 以下のコマンドを使って、セルフホストランナーサービスをインストール及び管理します。

ノート: Windows上でサービスとしてセルフホストランナーアプリケーションを設定するのは、アプリケーションの設定プロセスの一部です。 セルフホストランナーアプリケーションをすでに設定していて、サービスとして設定していない場合には、そのランナーをGitHubから削除して、アプリケーションを設定しなおさなければなりません。 アプリケーションを再設定する場合には、アプリケーションをサービスとして設定するオプションを選択してください。

詳しい情報については「セルフホストランナーの削除」及び「セルフホストランナーの追加」を参照してください。

Windowsでは、ランナーサービスはサービスアプリケーションで管理できます。あるいは、以下のコマンドをPowerShellを使って実行することもできます。

セルフホストランナーアプリケーションをサービスとして設定する前に、ランナーをGitHub Enterprise Serverに追加しなければなりません。 詳しい情報については「セルフホストランナーの追加」を参照してください。

ランナー マシンで、セルフホストランナー アプリケーションをインストールしたディレクトリでシェルを開きます。 以下のコマンドを使って、セルフホストランナーサービスをインストール及び管理します。

サービスのインストール

  1. セルフホストランナー アプリケーションが現在実行中の場合は、そのアプリケーションを停止します。

  2. 以下のコマンドでサービスをインストールしてください。

    sudo ./svc.sh install

サービスのインストール

  1. セルフホストランナー アプリケーションが現在実行中の場合は、そのアプリケーションを停止します。

  2. 以下のコマンドでサービスをインストールしてください。

    ./svc.sh install

サービスの起動

以下のコマンドでサービスを起動してください。

./svc.sh install
Start-Service "actions.runner.*"
./svc.sh start

サービスのステータスチェック

以下のコマンドでサービスのステータスをチェックしてください。

./svc.sh start
Get-Service "actions.runner.*"
./svc.sh status

セルフホストランナーの状態の表示に関する詳しい情報については、「セルフホストランナーのモニタリングとトラブルシューティング」を参照してください。

サービスの停止

以下のコマンドでサービスを停止してください。

sudo ./svc.sh stop
Stop-Service "actions.runner.*"
./svc.sh stop

サービスのアンインストール

  1. もし実行中であれば、サービスを停止してください。

  2. 以下のコマンドでサービスをアンインストールしてください。

    sudo ./svc.sh uninstall
    Remove-Service "actions.runner.*"
    ./svc.sh uninstall

セルフホストランナーサービスのカスタマイズ

上記のデフォルトのsystemdサービス設定を使いたくないなら、カスタマイズされたサービスを作成するか、好みのサービスの仕組みを使うことができます。 リファレンスとしてactions-runner/bin/actions.runner.service.templateにあるservicedテンプレートの利用を検討してください。 カスタマイズされたサービスを使う場合、セルフホストランナーサービスは常にrunsvc.shエントリポイントを使って起動しなければなりません。

セルフホストランナーサービスのカスタマイズ

上記のデフォルトのlaunchdサービス設定を使いたくないなら、カスタマイズされたサービスを作成するか、好みのサービスの仕組みを使うことができます。 リファレンスとしてactions-runner/bin/actions.runner.plist.templateにあるplistテンプレートの利用を検討してください。 カスタマイズされたサービスを使う場合、セルフホストランナーサービスは常にrunsvc.shエントリポイントを使って起動しなければなりません。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.