ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ワークフローステータスバッジを追加する

リポジトリにステータスバッジを表示して、ワークフローのステータスを示すことができます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ここには以下の内容があります:

ノート: GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 2.22で限定ベータとして利用可能でした。 ベータは終了しました。 GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 3.0以降で一般に利用可能になりました。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 のリリースノートを参照してください。


ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

ステータスバッジは、ワークフローが現在失敗しているかパスしているかを示します。 ステータスバッジを追加する一般的な場所は、リポジトリのREADME.mdファイル中ですが、任意の好きなWebページに追加できます。 デフォルトでは、バッジはデフォルトブランチのステータスを示します。 特定のブランチやイベントに対するワークフローの実行のステータスを、URL中のbranch及びeventクエリパラメータを使って表示することもできます。

ステータスバッジの例

ワークフローファイルの名前でワークフローを参照します。

https://github.com/<OWNER>/<REPOSITORY>/actions/workflows/<WORKFLOW_FILE>/badge.svg

ワークフローファイル名を使用する

この Markdown の例では、.github/workflow/main.ymlというファイル パスのワークフローにステータス バッジを追加します 。 リポジトリの OWNERgithub Organization で、REPOSITORY 名は docs です。

![example workflow](https://github.com/github/docs/actions/workflows/main.yml/badge.svg)

branch パラメータを使用する

この Markdown の例では、feature-1という名前のブランチにステータス バッジを追加します。

![example branch parameter](https://github.com/github/docs/actions/workflows/main.yml/badge.svg?branch=feature-1)

event パラメータを使用する

この Markdown の例では、 pull_request イベントによってトリガーされたワークフロー実行のステータスを示すバッジを追加します。

![example event parameter](https://github.com/github/docs/actions/workflows/main.yml/badge.svg?event=pull_request)

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡