このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2021-09-23. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

ワークフローテンプレートを使用して継続的インテグレーションを設定する

使用したい言語とツールにマッチするワークフローテンプレートを使用して、プロジェクトに継続的インテグレーションを設定することができます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ノート: GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 2.22で限定ベータとして利用可能でした。 ベータは終了しました。 GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 3.0以降で一般に利用可能になりました。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 のリリースノートを参照してください。


ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

リポジトリへの書き込み権限があるユーザなら誰でも GitHub Actions を使用して継続的インテグレーション (CI) を設定することができます。

CIを設定すると、必要に応じてワークフローをカスタマイズすることができます。

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。 メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ
  3. 使用したい言語とツールにマッチするテンプレートを探し、[Set up this workflow] をクリックします。 [Setup workflow] ボタン
  4. [Start commit] をクリックします。 [Start commit]ボタン
  5. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しい情報については「複数の共作者を持つコミットの作成」を参照してください。 変更のコミットメッセージ
  6. コミットメッセージフィールドの下で、コミットを追加を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳しい情報については「新しいプルリクエストの作成」を参照してください。 コミットブランチのオプション
  7. Propose new file(新規ファイルの提案)をクリックしてください。 新規ファイルの提案ボタン

リポジトリへのプッシュを実行すると、GitHubで実行された継続的インテグレーションワークフローのステータスと詳細ログを追跡し、カスタマイズした通知を受け取ることができます。 詳しい情報については、「通知を設定する」及び「ワークフローの実行の管理」を参照してください。

詳しい情報については、「GitHub Actions を学ぶ」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡