ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

暗号化されたシークレット

暗号化されたシークレットを使うと、機密情報をOrganizationあるいはリポジトリに保存できます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server、GitHub One、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。

ここには以下の内容があります:

ノート: GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 2.22で限定ベータとして利用可能でした。 ベータは終了しました。 GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 3.0以降で一般に利用可能になりました。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 のリリースノートを参照してください。


ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHub public roadmapで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

暗号化されたシークレットについて

シークレットは暗号化された環境変数で、Organizationあるいはリポジトリに作成できます。 作成したシークレットは、GitHub Actionsワークフローで利用できます。 GitHubはシークレットがGitHubに到達する前に暗号化され、ワークフローで使用されるまで暗号化されたままになっていることを確実にするのを助けるためにlibsodium sealed boxを使います。

Organizationレベルで保存されたシークレットについては、アクセスポリシーを使ってどのリポジトリがOrganizationのシークレットを利用できる化を制御できます。 Organizationレベルのシークレットを利用すると、複数のリポジトリ間でシークレットを共有できるので、重複してシークレットを作成する必要が軽減されます。 一カ所でOrganizationシークレットを更新すれば、そのシークレットを使うすべてのリポジトリワークフローにその変更が有効になることを保証できます。

シークレットに名前を付ける

シークレットの名前には次のルールが適用されます。

  • シークレット名には、英数字([a-z][A-Z][0-9])または下線(_)のみを含めることができます。 スペースは使用できません。

  • シークレット名の最初を GITHUB_ プレフィックスにすることはできません。

  • シークレット名の最初を数字にすることはできません。

  • シークレット名は大文字と小文字を区別しません。

  • シークレット名は、作成されたレベルで一意である必要があります。 たとえば リポジトリのレベルで作成されたシークレットはそのリポジトリ内でユニークな名前になっていなければならず、Organizationのレベルで作成されたシークレットはそのレベルでユニークな名前になっていなければなりません。

    複数のレベルで同じ名前のシークレットが存在する場合、低いレベルのシークレットが優先されます。 たとえば、Organizationレベルのシークレットがリポジトリレベルのシークレットと同じ名前を持っているなら、リポジトリレベルのシークレットが優先されます。

GitHub がログのシークレットを確実に削除するよう、シークレットの値として構造化データを使用しないでください。 たとえば、JSONやエンコードされたGit blobを含むシークレットは作成しないでください。

シークレットにアクセスする

シークレットをアクションが使用できるようにするには、ワークフローファイルでシークレットを入力または環境変数に設定する必要があります。 アクションに必要な入力および環境変数については、アクションのREADMEファイルを確認します。 詳しい情報については、「GitHub Actionsのワークフロー構文」を参照してください。

ワークフローファイルを編集するアクセス権を持っていれば、ワークフローファイル中の暗号化されたシークレットを使い、読み取ることができます。 詳細は「GitHub 上のアクセス権限」を参照してください。

警告: GitHubは、ログに出力されたシークレットを自動的に削除しますが、シークレットをログに出力することは意識的に避けなくてはなりません。

REST API を使用してシークレットを管理することもできます。 詳しい情報については、「シークレット」を参照してください。

認証情報のアクセス許可を制限する

認証情報を生成する際には、可能な限り最小限の権限だけを許可することをおすすめします。 たとえば、個人の認証情報を使う代わりに、デプロイキーあるいはサービスアカウントを使ってください。 必要なのが読み取りだけであれば、読み取りのみの権限を許可すること、そしてアクセスをできるかぎり限定することを考慮してください。 個人アクセストークン(PAT)を生成する際には、必要最小限のスコープを選択してください。

リポジトリの暗号化されたシークレットの作成

ユーザアカウントのリポジトリにシークレットを作成するには、そのリポジトリのオーナーでなければなりません。 Organizationのリポジトリにシークレットを作成するには、管理アクセス権を持っていなければなりません。

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左サイドバーで [Secrets] をクリックします。
  4. New repository secret(新しいリポジトリのシークレット)をクリックしてください。
  5. [Name(名前)] 入力ボックスにシークレットの名前を入力します。
  6. シークレットの値を入力します。
  7. [Add secret(シークレットの追加)] をクリックします。

リポジトリが親のOrganizationのシークレットにアクセスできるなら、それらのシークレットもこのページにリストされます。

Organizationの暗号化されたシークレットの作成

Organizationでシークレットを作成する場合、ポリシーを使用して、そのシークレットにアクセスできるリポジトリを制限できます。 たとえば、すべてのリポジトリにアクセスを許可したり、プライベート リポジトリまたは指定したリポジトリ のリストのみにアクセスを制限したりできます。

Organizationのレベルでシークレットを作成するには、管理アクセス権を持っていなければなりません。

  1. GitHub Enterprise Serverで、Organizationのメインページにアクセスしてください。
  2. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  3. 左サイドバーで [Secrets] をクリックします。
  4. New organization secret(新しいOrganizationのシークレット)をクリックしてください。
  5. [Name(名前)] 入力ボックスにシークレットの名前を入力します。
  6. シークレットの Value(値) を入力します。
  7. [ Repository access(リポジトリアクセス) ドロップダウン リストから、アクセス ポリシーを選択します。
  8. [Add secret(シークレットの追加)] をクリックします。

Organizationレベルのシークレットへのアクセスの確認

Organization内のシークレットに適用されているアクセス ポリシーを確認できます。

  1. GitHub Enterprise Serverで、Organizationのメインページにアクセスしてください。
  2. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  3. 左サイドバーで [Secrets] をクリックします。
  4. シークレットのリストには、設定済みのアクセス許可とポリシーが含まれます。 例:
    シークレットリスト
  5. 各シークレットに設定されているアクセス許可の詳細については、[Update(更新)] をクリックしてください。

暗号化されたシークレットのワークフロー内での利用

GITHUB_TOKENを除き、フォークしたリポジトリからワークフローがトリガーされた場合、シークレットはランナーに渡されません。

アクションに入力あるいは環境変数としてシークレットを提供するには、リポジトリ内に作成したシークレットにアクセスするsecretsコンテキストを使うことができます。 詳しい情報については「GitHub Actionsのコンテキストと式構文」及び「GitHub Actionsのワークフロー構文」を参照してください。

steps:
  - name: Hello world action
    with: # Set the secret as an input
      super_secret: ${{ secrets.SuperSecret }}
    env: # Or as an environment variable
      super_secret: ${{ secrets.SuperSecret }}

可能であれば、コマンドラインからプロセス間でシークレットを渡すのは避けてください。 コマンドラインプロセスは他のユーザから見えるかもしれず(psコマンドを使って)、あるいはセキュリティ監査イベントでキャプチャされるかもしれません。 シークレットの保護のために、環境変数、STDIN、あるいはターゲットのプロセスがサポートしている他の仕組みの利用を考慮してください。

コマンドラインからシークレットを渡さなければならない場合は、それらを適切なルールでクオート内に収めてください。 シークレットは、意図せずシェルに影響するかもしれない特殊なキャラクターをしばしば含みます。 それらの特殊なキャラクターをエスケープするには、環境変数をクオートで囲ってください。 例:

Bashの利用例

steps:
  - shell: bash
    env:
      SUPER_SECRET: ${{ secrets.SuperSecret }}
    run: |
      example-command "$SUPER_SECRET"

PowerShellの利用例

steps:
  - shell: pwsh
    env:
      SUPER_SECRET: ${{ secrets.SuperSecret }}
    run: |
      example-command "$env:SUPER_SECRET"

Cmd.exeの利用例

steps:
  - shell: cmd
    env:
      SUPER_SECRET: ${{ secrets.SuperSecret }}
    run: |
      example-command "%SUPER_SECRET%"

シークレットの制限

Organizationには最大1,000個のシークレットを、リポジトリには100個のシークレットを保存できます。 ワークフローは最大で100個のOrganizationのシークレットと100個のリポジトリシークレットを利用できます。

シークレットの容量は最大64 KBです。 64 KBより大きなシークレットを使うには、暗号化されたシークレットをリポジトリ内に保存して、復号化パスフレーズをGitHubに保存します。 たとえば、GitHubのリポジトリにファイルをチェックインする前に、gpgを使って認証情報をローカルで暗号化します。 詳しい情報については、「gpg manpage」を参照してください。

警告: アクションを実行する際、シークレットが出力されないよう注意してください。 この回避策を用いる場合、GitHubはログに出力されたシークレットを削除しません。

  1. ターミナルから以下のコマンドを実行して、gpgおよびAES256暗号アルゴリズムを使用してmy_secret.jsonファイルを暗号化します。

    $ gpg --symmetric --cipher-algo AES256 my_secret.json
  2. パスフレーズを入力するよう求められます。 このパスフレーズを覚えておいてください。GitHubで、このパスフレーズを値として用いる新しいシークレットを作成するために必要になります。

  3. パスフレーズを含む新しいシークレットを作成します。 たとえば、LARGE_SECRET_PASSPHRASEという名前で新しいシークレットを作成し、シークレットの値を上記のステップで選択したパスフレーズに設定します。

  4. 暗号化したファイルをリポジトリ内にコピーしてコミットします。 この例では、暗号化したファイルはmy_secret.json.gpgです。

  5. パスワードを復号化するシェルスクリプトを作成します。 このファイルをdecrypt_secret.shとして保存します。

    #!/bin/sh
    
    # ファイルを復号化
    mkdir $HOME/secrets
    # --batchでインタラクティブなコマンドを防ぎ、
    # --yes で質問に対して "はい" が返るようにする
    gpg --quiet --batch --yes --decrypt --passphrase="$LARGE_SECRET_PASSPHRASE" \
    --output $HOME/secrets/my_secret.json my_secret.json.gpg
  6. リポジトリにチェックインする前に、シェルスクリプトが実行可能であることを確かめてください。

    $ chmod +x decrypt_secret.sh
    $ git add decrypt_secret.sh
    $ git commit -m "Add new decryption script"
    $ git push
  7. ワークフローから、stepを使用してシェルスクリプトを呼び出し、シークレットを復号化します。 ワークフローを実行している環境にリポジトリのコピーを作成するには、actions/checkoutアクションを使用する必要があります。 リポジトリのルートを基準としてrunコマンドを使用し、シェルスクリプトを参照します。

    name: Workflows with large secrets
    
    on: push
    
    jobs:
      my-job:
        name: My Job
        runs-on: ubuntu-latest
        steps:
          - uses: actions/checkout@v2
          - name: Decrypt large secret
            run: ./.github/scripts/decrypt_secret.sh
            env:
              LARGE_SECRET_PASSPHRASE: ${{ secrets.LARGE_SECRET_PASSPHRASE }}
          # このコマンドは、あなたの秘密が印刷されていることを示す例
          # シークレットを出力する文は必ず削除してください。 GitHubは
          # この回避先を使うシークレットは隠蔽しません。
          - name: Test printing your secret (Remove this step in production)
            run: cat $HOME/secrets/my_secret.json
    

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.