SAMLシングルサインオンで利用するために個人アクセストークンを認可する

SAMLシングルサインオン (SSO) を使う Organization で個人アクセストークンを使うためには、まずそのキーを認可しなければなりません。

既存の個人アクセストークンを認可することも、新しい個人アクセストークンを作成して認可することもできます。

Before you can authorize a personal access token or SSH key, you must have a linked SAML identity. If you're a member of an organization where SAML SSO is enabled, you can create a linked identity by authenticating to your organization with your IdP at least once. 詳しい情報については「SAML シングルサインオンでの認証について」を参照してください。

After you authorize a personal access token or SSH key, the authorization does not expire. The token or key will stay authorized until revoked in one of these ways.

  • An organization owner revokes the authorization.
  • You are removed from the organization.
  • The scopes in a personal access token are edited, or the token is regenerated.
  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 左サイドバーで [Developer settings] をクリックします。 開発者設定
  3. 左のサイドバーでPersonal access tokens(個人アクセストークン)をクリックしてください。 個人アクセストークン
  4. 認可したいトークンの隣の [Enable SSO] (SSO を有効化) または [Disable SSO] (SSOを無効化) をクリックします。 SSO トークン認可ボタン
  5. アクセストークンを認可する Organization を見つけます。
  6. [Authorize] をクリックします。 トークン認可ボタン

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?