Jekyll を使用して、GitHub Pages サイトの Markdown プロセッサを設定する

Markdown プロセッサを選択して、GitHub Pages サイトで Markdown をどのようにレンダリングするかを決めることができます。

GitHub Pagesは、GitHub Free及びOrganizationのGitHub Freeのパブリックリポジトリ、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverのパブリック及びプライベートリポジトリで利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

リポジトリへの書き込み権限があるユーザは、GitHub Pages サイトに対して Markdown プロセッサを設定できます。

GitHub Pages supports two Markdown processors: kramdown and GitHub's own Markdown processor, which is used to render GitHub Flavored Markdown (GFM) throughout GitHub. 詳しい情報については、「GitHubでの執筆とフォーマットについて」を参照してください。

You can use GitHub Flavored Markdown with either processor, but only our GFM processor will always match the results you see on GitHub.

  1. GitHubで、サイトのリポジトリにアクセスしてください。

  2. リポジトリの _config.yml ファイルを開きます。

  3. ファイルビューの右上の隅で、 をクリックしてファイルエディタを開きます。 ファイルの編集ボタン

  4. markdown で始まる行を見つけ、値を kramdown または GFMに変更します。 config.yml での Markdown 設定

  5. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しい情報については「複数の共作者を持つコミットの作成」を参照してください。 変更のコミットメッセージ

  6. 複数のメールアドレスが GitHubアカウントに関連づけられているなら、メールアドレスのドロップダウンメニューをクリックし、Gitの作者のメールアドレスとして使いたいメールアドレスを選択してください。 このドロップダウンメニューには、検証済みのメールアドレスだけが表示されます。 メールアドレスのプライバシーを有効化している場合、<username>@users.noreply.github.comがデフォルトのコミット作者メールアドレスになります。 詳細は「コミットメールアドレスを設定する」を参照してください。 コミットメールアドレスの選択

  7. コミットメッセージフィールドの下で、コミットを追加を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳しい情報については「新しいプルリクエストの作成」を参照してください。 コミットブランチのオプション

  8. Propose new file(新規ファイルの提案)をクリックしてください。 新規ファイルの提案ボタン

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?