カスタムドメインとGitHub Pagesについて

GitHub Pages では、カスタムドメインを使用する、つまりサイトの URL を 'octocat.github.io' などのデフォルトからあなたが所有するドメインに変更することができます。

GitHub Pagesは、GitHub Free及びOrganizationのGitHub Freeのパブリックリポジトリ、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverのパブリック及びプライベートリポジトリで利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

サポートされているカスタムドメイン

GitHub Pages では、サブドメインとApexドメインの 2 種類のドメインを使用できます。 サポートされていないカスタムサブドメインのリストは、「カスタムドメインと GitHub Pages のトラブルシューティング」を参照してください。

サポートされているカスタムドメインの種類サンプル
www サブドメインwww.example.com
カスタムサブドメインblog.example.com
Apex ドメインexample.com

サイトには、Apex及びwwwサブドメインのいずれか、あるいは両方の設定をセットアップできます。 Apexドメインに関する詳しい情報については「GitHub PagesサイトでのApexドメインの利用」を参照してください。

Apex ドメインを使用している場合でも、www サブドメインを使用することをおすすめします。 Apexドメインで新しいサイトを作成する場合、サイトのコンテンツを提供する際にwwwサブドメインも利用できるように保護が自動的に試みられます。 wwwサブドメインを設定すれば、関連するApexドメインの保護が自動的に試みられます。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

ユーザまたは Organization サイトのカスタムドメインを設定すると、カスタムドメインを設定していないアカウントが所有するプロジェクトサイトの URL で、<user>.github.io または <organization>.github.io の部分がカスタムドメインによって置き換えられます。 たとえば、サイトのカスタムドメインが www.octocat.com で、octo-project というリポジトリから公開されているプロジェクトサイトにまだカスタムドメインを設定していない場合、そのリポジトリの GitHub Pages サイトは、www.octocat.com/octo-project で公開されます。

あなたの GitHub Pages サイトにサブドメインを使用する

サブドメインは、URL のうちルートドメインの前の部分です。 サブドメインは、www に設定することも、あるいは blog.example.com のようにサイトの独自セクションに設定することもできます。

サブドメインは、DNS プロバイダを通じて CNAME レコードで設定されます。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

www サブドメイン

サブドメインの種類として最もよく使われているのは、www サブドメインです。 たとえば、www.example.com には www サブドメインが含まれています。

www サブドメインは、カスタムドメインとして最も安定的です。GitHub のサーバの IP アドレスが変更されても、www サブドメインは影響を受けないからです。

カスタムサブドメイン

カスタムサブドメインは、標準のwww形式を使わない種類のサブドメインです。 カスタムサブドメインは、サイトに 2 つの独自セクションを作成したい場合に最もよく使われます。 たとえば、blog.example.com というサイトを作成し、www.example.com から独自のセクションをカスタマイズできます。

あなたの GitHub Pages サイトに Apex ドメインを使用する

Apex ドメインは、example.com といったようにサブドメインを含まないカスタムドメインです。 Apex ドメインは、ベースドメイン、ベアドメイン、裸ドメイン、ルート Apex ドメイン、ゾーン Apex ドメインなどとも呼ばれます。

Apex ドメインは、DNS プロバイダを通じて、AALIASANAME レコードで設定されます。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

カスタムドメインとして Apex ドメインを使用している場合は、www サブドメインもセットアップすることをおすすめします。 DNSプロバイダを通じて各ドメインの種類のための正しいレコードを設定しているなら、GitHub Pagesは自動的にドメイン間のリダイレクトを生成します。 たとえば、サイトにwww.example.comをカスタムドメインとして設定し、GitHub PagesのDNSレコードをapex及びwwwドメインに対してセットアップしているなら、example.comwww.example.comにリダイレクトされます。 自動のリダイレクトは、wwwサブドメインにのみ適用されることに注意してください。 自動リダイレクトは、blogといったようなその他のサブドメインには適用されません。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

GitHub Pages サイトが無効化された際にカスタムドメインを更新する

GitHub Pages サイトが無効になっていて、かつカスタムドメインがセットアップされている場合、すぐに DNS プロバイダで DNS レコードを更新するか削除して、ドメイン乗っ取りのリスクを避けてください。 サイトが無効な間に、DNS プロバイダでカスタムドメインを設定していると、サブドメインのいずれかで誰かにサイトをホストされてしまう恐れがあります。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

サイトが自動的に無効化される理由は、いくつかあります。

  • GitHub Pro から GitHub Free へダウングレードすると、アカウント内のプライベートリポジトリから公開されている GitHub Pages のサイトは公開されなくなります。 詳細は「GitHub の支払いプランをダウングレードする」を参照してください。
  • GitHub Free を利用している個人アカウントへプライベートリポジトリを移譲した場合、そのリポジトリからは GitHub Pages の機能を利用できなくなり、公開されている GitHub Pages は公開されなくなります。 詳細は「リポジトリを移譲する」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?