Skip to main content
We publish frequent updates to our documentation, and translation of this page may still be in progress. For the most current information, please visit the English documentation.

GitHub PagesサイトのJekyllビルドエラーについて

ローカルで、またはGitHub上でGitHub Pagesサイトをビルド中にJekyllでエラーが発生した場合には、詳細情報を伴うエラーメッセージが示されます。

GitHub Pagesは、GitHub Free及びOrganizationのGitHub Freeのパブリックリポジトリ、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverのパブリック及びプライベートリポジトリで利用できます。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

Jekyllのビルドエラーについて

ブランチから公開している場合、場合によっては、サイトの公開元に変更をプッシュした後で、GitHub Pages によってサイトのビルドが試みられないことがあります。

  • 変更をプッシュしたユーザーがメールアドレスを検証していない。 詳細については、「メール アドレスの確認」を参照してください。
  • デプロイキーでプッシュしている。 サイトのリポジトリへのプッシュを自動化する場合は、かわりにマシンユーザーを設定できます。 詳細については、「デプロイ キーの管理」を参照してください。
  • 公開元をビルドするようにCIサービスを設定していない。 たとえば、Travis CI は、ブランチをセーフ リストに追加しない限り、gh-pages ブランチをビルドしません。 詳細については、Travis CI の「ビルドのカスタマイズ」またはお使いの CI サービスのドキュメントを参照してください。

注: サイトに対する変更は、その変更を GitHub にプッシュしてから公開されるまでに、最大 10 分かかることがあります。

Jekyll がサイトのビルドを試行せず、エラーが発生した場合は、ビルド エラー メッセージが表示されます。

ビルド エラーのトラブルシューティングの詳細については、「GitHub Pages サイトの Jekyll ビルド エラーのトラブルシューティング」を参照してください。

GitHub ActionsでJekyllのビルドエラーメッセージを表示する

デフォルトでは、GitHub PagesサイトはGitHub Pagesサイトが別のCIツールを使うように設定しないかぎり、GitHub Actionsワークフローの実行でビルドされ、デプロイされます。 ビルドの潜在的なエラーを見つけるには、リポジトリのワークフロー実行をレビューすることによって、GitHub Pagesサイトのためのワークフローの実行をチェックできます。 詳細については、「ワークフロー実行の履歴を表示する」を参照してください。 エラーが発生した場合にワークフローを再実行する方法の詳細については、「ワークフローとジョブの再実行」を参照してください。

ローカルでのJekyllビルドエラーメッセージの表示

サイトのテストをローカルで行なうことをお勧めします。それにより、ビルドエラーメッセージをコマンドラインで表示でき、変更を GitHub にプッシュする前に、あらゆるビルドエラーに対処できます。 詳細については、「GitHub Pages サイトを Jekyll でローカルでテストする」を参照してください。

Pull Request中でのJekyllのビルドエラーメッセージの表示

ブランチから公開している場合、GitHub 上で公開元を更新する pull request を作成したときに、pull request の [チェック] タブにビルド エラー メッセージが表示される場合があります。 詳細については、「ステータスチェックについて」を参照してください。

カスタムの GitHub Actions ワークフローを使用して公開している場合、pull request でのビルド エラー メッセージを確認するには、そのワークフローが pull_request トリガーに対して実行されるように構成する必要があります。 これを行う際は、ワークフローが pull_request イベントによってトリガーされた場合に、展開手順をスキップすることをお勧めします。 これにより、pull request からの変更をサイトにデプロイすることなく、ビルド エラーを確認することができます。 詳細については、「ワークフローをトリガーするイベント」および「」を参照してください。

メールでのJekyllのビルドエラーメッセージの表示

ブランチから公開している場合は、GitHub 上の公開元に変更をプッシュしたときに、GitHub Pages によって、サイトのビルドが試みられます。 ビルドが失敗すると、プライマリメールアドレスにメールが送信されます。

カスタムの GitHub Actions ワークフローを使用して公開している場合、pull request でのビルド エラーに関する電子メールを受信するには、pull_request トリガーに対してそのワークフローが実行されるように構成する必要があります。 これを行う際は、ワークフローが pull_request イベントによってトリガーされた場合に、展開手順をスキップすることをお勧めします。 これにより、pull request からの変更をサイトにデプロイすることなく、ビルド エラーを確認することができます。 詳細については、「ワークフローをトリガーするイベント」および「」を参照してください。

サードパーティCIサービスでのPull Request中でのJekyllのビルドエラーメッセージの表示

各コミット後にエラー メッセージを表示するように、Travis CI などのサードパーティのサービスを構成できます。

  1. 公開ソースのルートに、以下の内容で Gemfile と呼ばれるファイルをまだ追加していない場合は、追加します。

    source `https://rubygems.org`
    gem `github-pages`
    
  2. 選択したテストサービス用にサイトのリポジトリを設定します。 たとえば、Travis CI を使用するには、公開ソースのルートに .travis.yml という名前のファイルを追加し、次の内容を含めます。

    language: ruby
    rvm:
      - 2.3
    script: "bundle exec jekyll build"
    
  3. サードパーティのテストサービス内で、リポジトリを有効にする必要があるかもしれません。 詳しい情報については、お使いのテストサービスのドキュメンテーションを参照してください。