ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

プロフィールをパーソナライズする

プロフィール画像を設定し、プロフィールに略歴を追加することで、自分自身についての情報を他の GitHub ユーザと共有することができます。

プロフィール画像を変更する

プロフィール画像は、GitHub のプルリクエスト、コメント、コントリビューションページ、およびグラフにおいて、あなたを識別するのに役立ちます。

アカウントにサインアップすると、GitHub はとりあえずランダムなアイデンティコンを生成します。 アイデンティコンは、ユーザ ID のハッシュから生成されるもので、その色やパターンをコントロールする方法はありません。 アイデンティコンは、あなたを表す画像に置き換えることができます。

参考: プロフィール画像は、1 MB 以下の PNG、JPG または GIF である必要があります。 最高の画質をもたらすには、画像を 500 × 500 ピクセルに収めることを推奨します。

プロフィール画像を設定する

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. [Profile Picture] で [Edit] をクリックします。 プロフィール画像を編集
  3. [Upload a photo...] をクリックします。 プロフィール画像の更新
  4. 画像をクロッピングします。 作業を終えたら [Set new profile picture] をクリックします。 アップロードされた画像をクロッピングする

プロフィール画像をアイデンティコンへリセットする

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. [Profile Picture] で [Edit] をクリックします。 プロフィール画像を編集
  3. アイデンティコンに戻すには、[Remove photo] をクリックします。 メールアドレスが Gravatar に関連付けられている場合、アイデンティコンに戻すことはできません。 その場合は、代わりに [Revert to Gravatar] をクリックします。 プロフィール画像の更新

プロフィール名を変更する

プロフィールに表示される名前は変更可能です。 この名前は、Organization が所有するプライベートリポジトリへのコメントの横に表示されることもあります。 詳細は「Organization のメンバー名表示を管理する」を参照してください。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. [Name] の下に、プロフィールに表示する名前を入力します。 プロフィール設定の [Name] フィールド

プロフィールに略歴を追加する

自分に関する情報を他の GitHub ユーザーと共有するには、プロフィールに略歴を追加します。 @メンションと絵文字を使えば、あなたの現在あるいは過去の職場、職種、またどんな種類のコーヒーを飲んでいるかといった情報も含めることができます。

自分に関するカスタマイズした情報を長いフォームで、もっと目立つように表示する場合は、プロフィール README を使用することもできます。 詳しい情報については、「プロフィール README の管理」を参照してください。

注釈 自分のプロフィールに対してアクティビティの概要セクションを有効にしていて、そのプロフィール略歴でメンバーになっている Organization を @メンションすると、アクティビティの概要ではその Organization が最初に示されます。 詳しい情報については、「プロフィールに自分のアクティビティの概要を表示する」を参照してください。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. [Bio] の下に、自分のプロフィールに表示する内容を追加してください。 略歴フィールドの上限は 160 文字です。 プロフィールの略歴を更新する

    ヒント: Organization を @メンションする場合、あなたがメンバーになっている Organization だけがオートコンプリートされます。 以前の職場など、自分がメンバーではない Organization を @メンションすることもできますが、その Organization の名前はオートコンプリートされません。

  3. [Update profile] をクリックします。 [Update profile] ボタン

ステータスを設定する

ステータスを設定すると、あなたの現在の状況に関する情報を GitHub に表示することができます。 ステータスは次の場所や状況で表示されます:

  • GitHub のプロフィールページ。
  • GitHub でユーザがあなたのユーザ名やアバターにカーソルを置いたとき。
  • 自分が Team メンバーになっている Team の Team ページ。 詳細は「Team について」を参照してください。
  • メンバーになっている Organization の Organization ダッシュボード。 詳細は「Organization ダッシュボードについて」を参照してください。

ステータスを設定すると、あなたの時間的な制約について、GitHub で他のユーザーに知らせることもできます。

@メンションされたユーザ名の隣に "Busy" ノートが表示される

リクエストされたレビュー担当者のユーザ名の隣に "Busy" ノートが表示される

[Busy] オプションを選択すると、ユーザがあなたのユーザ名を @メンションしたり、Issue やプルリクエストをあなたに割り当てたりしたとき、またはあなたに Pull Request レビューをリクエストしたとき、ユーザ名の隣にビジーであることを示すノートが表示されます。

  1. GitHub の右上隅で、プロフィール画像をクリックしてから [Set your status] をクリックするか、すでにステータスを設定している場合は、現在のステータスをクリックします。 プロフィールでステータスを設定するボタン
  2. ステータスにカスタムテキストを追加する場合は、テキストフィールドをクリックしてステータスメッセージを入力します。 ステータスメッセージを入力するフィールド
  3. オプションで、ステータス絵文字を設定する場合は、絵文字のアイコンをクリックしてリストから選択します。 絵文字ステータスを選択するボタン
  4. オプションで、時間に制約があるという情報を共有するには、[Busy] を選択します。 [Edit status] オプションで [Busy] オプションを選択
  5. [Clear status] ドロップダウンメニューを使って、ステータスの有効期限を選択します。 ステータスの有効期限を設定しない場合は、クリアするか編集するまで同じステータスのままになります。 ステータスの有効期限が切れたときに選択するドロップダウンメニュー
  6. ドロップダウンメニューを使って、ステータスを表示する Organization をクリックします。 Organization を選択しない場合、あなたのステータスはパブリックになります。 ステータスが表示されるときに選択するドロップダウンメニュー
  7. [Set status] をクリックします。 ステータスを設定するボタン

プロフィールでバッジを表示する

特定のプログラムに参加すると、GitHub でプロフィールに自動的にバッジが表示されます。

バッジプログラム説明
Mars 2020 Helicopter Contributor badge iconMars 2020 Helicopter ContributorIf you authored any commit(s) present in the commit history for the relevant tag of an open source library used in the Mars 2020 Helicopter Mission, you'll get a Mars 2020 Helicopter Contributor badge on your profile. Hovering over the badge shows you several of the repositories you contributed to that were used in the mission. For the full list of repositories that will qualify you for the badge, see "List of qualifying repositories for Mars 2020 Helicopter Contributor badge."
Arctic Code Vault Contributor badge iconArctic Code Vault Contributor2020 Arctic Vault プログラムでアーカイブされたリポジトリのデフォルトブランチでコミットを作成すると、プロフィールで Arctic Code Vault コントリビューターバッジを取得できます。 Hovering over the badge shows you several of the repositories you contributed to that were part of the program. 詳しい情報については、GitHub Archive Program を参照してください。
GitHub Sponsor badge iconGitHub SponsorIf you sponsored an open source contributor through GitHub Sponsors you'll get a GitHub Sponsor badge on your profile. Clicking the badge takes you to the Sponsoring tab of your profile. 詳細は、「オープンソースコントリビューターに対するスポンサー」を参照してください。
開発者プログラムメンバーIf you're a registered member of the GitHub Developer Program, building an app with the GitHub API, you'll get a Developer Program Member badge on your profile. For more information on the GitHub Developer Program, see GitHub Developer.
ProGitHub Pro を使用すると、プロフィールで PRO バッジを取得します。 GitHub Pro の詳細は、「GitHub の製品」を参照してください。
Security Bug Bounty HunterIf you helped out hunting down security vulnerabilities, you'll get a Security Bug Bounty Hunter badge on your profile. For more information about the GitHub Security program, see GitHub Security.
Github Campus ExpertIf you participate in the GitHub Campus Program you'll get a GitHub Campus Expert badge on your profile. For more information about the Campus Experts program, see Campus Experts.

プロフィールでバッジを無効にする

You can disable some of the badges for GitHub programs you're participating in, including the PRO, Arctic Code Vault and Mars 2020 Helicopter Contributor badges.

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. [Profile settings] で、無効にするバッジの選択を解除します。 プロフィールでバッジを非表示にするチェックボックス
  3. [Update preferences] をクリックします。

List of qualifying repositories for Mars 2020 Helicopter Contributor badge

If you authored any commit(s) present in the commit history for the listed tag of one or more of the repositories below, you'll receive the Mars 2020 Helicopter Contributor badge on your profile. The authored commit must be with a verified email address, associated with your account at the time GitHub determined the eligible contributions, in order to be attributed to you. You can be the original author or one of the co-authors of the commit. Future changes to verified emails will not have an effect on the badge. We built the list based on information received from NASA's Jet Propulsion Laboratory.

GitHub RepositoryバージョンTag
torvalds/linux3.4v3.4
python/cpython3.9.2v3.9.2
boto/boto31.17.171.17.17
boto/botocore1.20.111.20.11
certifi/python-certifi2020.12.52020.12.05
chardet/chardet4.0.04.0.0
matplotlib/cycler0.10.0v0.10.0
elastic/elasticsearch-py6.8.16.8.1
ianare/exif-py2.3.22.3.2
kjd/idna2.10v2.10
jmespath/jmespath.py0.10.00.10.0
nucleic/kiwi1.3.11.3.1
matplotlib/matplotlib3.3.4v3.3.4
numpy/numpy1.20.1v1.20.1
opencv/opencv-python4.5.1.4848
python-pillow/Pillow8.1.08.1.0
pycurl/pycurl7.43.0.6REL_7_43_0_6
pyparsing/pyparsing2.4.7pyparsing_2.4.7
pyserial/pyserial3.5v3.5
dateutil/dateutil2.8.12.8.1
yaml/pyyaml 5.4.15.4.1
psf/requests2.25.1v2.25.1
boto/s3transfer0.3.40.3.4
enthought/scimath4.2.04.2.0
scipy/scipy1.6.1v1.6.1
benjaminp/six1.15.01.15.0
enthought/traits6.2.06.2.0
urllib3/urllib31.26.31.26.3
python-attrs/attrs19.3.019.3.0
CheetahTemplate3/cheetah33.2.43.2.4
pallets/click7.07.0
pallets/flask1.1.11.1.1
flask-restful/flask-restful0.3.70.3.7
pytest-dev/iniconfig1.0.0v1.0.0
pallets/itsdangerous1.1.01.1.0
pallets/jinja2.10.32.10.3
lxml/lxml4.4.1lxml-4.4.1
Python-Markdown/markdown3.1.13.1.1
pallets/markupsafe1.1.11.1.1
pypa/packaging19.219.2
pexpect/pexpect4.7.04.7.0
pytest-dev/pluggy0.13.00.13.0
pexpect/ptyprocess0.6.00.6.0
pytest-dev/py1.8.01.8.0
pyparsing/pyparsing2.4.5pyparsing_2.4.5
pytest-dev/pytest5.3.05.3.0
stub42/pytz2019.3release_2019.3
uiri/toml0.10.00.10.0
pallets/werkzeug0.16.00.16.0
dmnfarrell/tkintertable1.2v1.2
wxWidgets/wxPython-Classic2.9.1.1wxPy-2.9.1.1
nasa/fprime1.3NASA-v1.3
nucleic/cppy1.1.01.1.0
opencv/opencv4.5.14.5.1
curl/curl7.72.0curl-7_72_0
madler/zlib1.2.11v1.2.11
apache/lucene7.7.3releases/lucene-solr/7.7.3
yaml/libyaml0.2.50.2.5
elastic/elasticsearch6.8.1v6.8.1
twbs/bootstrap4.3.1v4.3.1
vuejs/vue2.6.10v2.6.10
carrotsearch/hppc0.7.10.7.1
JodaOrg/joda-time2.10.1v2.10.1
tdunning/t-digest3.2t-digest-3.2
HdrHistogram/HdrHistogram2.1.9HdrHistogram-2.1.9
locationtech/spatial4j0.7spatial4j-0.7
locationtech/jts1.15.0jts-1.15.0
apache/logging-log4j22.11log4j-2.11.0

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡