Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。
現在、GitHub AE は限定的リリースです。

プル要求のマージ

作業が完了したら、プルリクエストを上流ブランチにマージします。 リポジトリに対してプッシュアクセスを持つユーザなら誰でもマージを実行できます。

プルリクエストのマージについて

プルリクエストでは、head ブランチに加えた変更をベースブランチにマージすることを提案します。 デフォルトでは、head ブランチがベースブランチとコンフリクトしていない限り、どのプルリクエストもいつでもマージできます。 ただし、プルリクエストを特定のブランチにマージできるタイミングには制限がある場合があります。 たとえば、必須のステータスチェックに合格した場合にのみ、プルリクエストをデフォルトブランチにマージできます。 詳細については、「保護されたブランチについて」を参照してください。

すべてのマージの要件が満たされたときに、自動的にマージされるようにPull Requestを設定できます。 詳細については、「pull request を自動的にマージする」を参照してください。

pull request でマージ コンフリクトが発生する場合、またはマージの前に変更をテストしたい場合は、コマンドラインを使用して、pull request をローカルでチェックアウトしてマージすることができます。

ドラフトのプルリクエストをマージすることはできません。 pull request の詳細については、「pull requests について」を参照してください。

プルリクエストをマージするとプルリクエストの head ブランチが自動的に削除されるようにリポジトリを設定できます。 詳細については、「ブランチの自動削除を管理する」を参照してください。

注: プルリクエストがマージされた後にheadブランチを削除すると、GitHubは同じリポジトリ内に削除されたブランチをベースブランチと指定しているオープンなプルリクエストがないかをチェックします。 GitHubはそういったプルリクエストを自動的に更新し、ベースブランチをマージされたプルリクエストのベースブランチに変更します。 詳細については、「ブランチについて」を参照してください。

pull request は、高速転送オプションを使用してマージされる、スカッシュまたはリベースされるコミットを含む pull request を除き、 --no-ffオプションを使用してマージされます。

pull request をイシューにリンクして、修正が進行中であることを示し、誰かが pull request をマージしたときイシューを自動的にクローズすることができます。 詳細については、「pull request を Issue にリンクする」を参照してください。

トピック ブランチでの変更を上流ブランチにマージしない場合は、マージせずに pull request をクローズすることができます。

プル要求のマージ

  1. リポジトリ名の下にある [pull request] をクリックします。 [pull request] タブの選択

  2. [Pull Requests] リストで、マージしたいプルリクエストをクリックします。

  3. リポジトリで有効なマージオプションに応じて、以下の操作が可能です:

    注: リベースおよびコミットを行うと、常にコミッターの情報が更新され、新しいコミット SHA が作成されます。 詳細については、「pull request のマージについて」を参照してください。

  4. 要求されたら、コミットメッセージを入力するか、デフォルトのメッセージのままにします。

    スカッシュ マージの既定のコミット メッセージの詳細については、「pull request のマージについて」を参照してください。 [コミット メッセージ] フィールド

: メール セレクターを使用できないのは、リベース マージの場合 (マージ コミットは作成されません) またはスカッシュ マージの場合 (スカッシュ コミットの作成者として pull request を作成したユーザーを信用します) です。

  1. [マージを確認する][スカッシュとマージを確認する] または [リベースとマージを確認する] をクリックします。
  2. 必要に応じて、ブランチを削除します。 こうすることで、リポジトリにあるブランチのリストが整理された状態を保てます。

GitHub CLI の詳細については、「GitHub CLI について」を参照してください。

pull request をマージするには、gh pr merge サブコマンドを使用します。 pull-request を、pull request の番号、URL、またはヘッド ブランチと置き換えます。

gh pr merge PULL-REQUEST

対話型のプロンプトに従って、マージを完了します。 選択できるマージ メソッドの詳細については、「pull request のマージについて」を参照してください。

または、フラグを使用して対話型のプロンプトをスキップすることができます。 たとえば、このコマンドはコミット メッセージ "my squash commit" を使用してコミットを 1 つのコミットにスカッシュし、スカッシュされたコミットをベース ブランチにマージしてから、ローカルおよびリモート ブランチを削除します。

gh pr merge 523 --squash --body "my squash commit" --delete-branch

参考資料