ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

ステータスチェックについて

ステータスチェックを利用すると、コントリビュート先のリポジトリの条件をコミットが満たしているかどうかを知ることができます。

ステータスチェックは、リポジトリにプッシュをするたびに実行される継続的インテグレーションのビルドのような、外部のプロセスに基づいています。 プルリクエスト中の個々のコミットの隣に、 pendingpassingfailing などの、ステータスチェックのステータスが表示されます。

コミットとステータスのリスト

書き込み権限があるユーザまたはインテグレーションなら誰でも、リポジトリのステータスチェックを任意のステータスに設定できます。

ブランチへの最後のコミットの全体的なステータスは、リポジトリのブランチページあるいはリポジトリのプルリクエストのリストで見ることができます。

リポジトリでステータスチェックが要求されているなら、必須のステータスチェックをパスしてからでないと保護されたブランチにあなたのブランチはマージできません。 詳しい情報については、「保護されたブランチについて」を参照してください。

GitHub AEでのステータスチェックの種類

GitHub AE のステータスチェックには 2 種類あります。

  • チェック
  • ステータス

Checks are different from statuses in that they provide line annotations, more detailed messaging, and are only available for use with GitHub Apps.

Organization オーナー、およびリポジトリにプッシュアクセスを持つユーザは、GitHub AE の API でチェックおよびステータスを作成できます。 詳しい情報については、「チェック」および「 ステータス」を参照してください。

チェック

リポジトリでチェックが設定されている場合、プルリクエストには [Checks] タブがあり、そこからステータスチェックからの詳細なビルドの出力を表示して、失敗したチェックを再実行できます。

プルリクエスト中のステータスチェック

Note: The Checks tab only gets populated for pull requests if you set up checks, not statuses, for the repository.

コミットの特定の行でチェックが失敗している場合、その失敗、警告、注意に関する詳細がプルリクエストの [Files] タブの関連するコードの横に表示されます。

失敗したステータスチェックの詳細

[Conversation] タブの下のコミットドロップダウンメニューを使って、プルリクエスト中のさまざまなコミットのチェックのサマリー間を行き来できます。

ドロップダウンメニュー中でのさまざまなコミットのチェックのサマリー

個々のコミットに関するチェックのスキップとリクエスト

リポジトリがプッシュに対して自動的にチェックをリクエストするように設定されている場合、プッシュする個々のコミットについてチェックをスキップできます。 リポジトリがプッシュに対して自動的にチェックをリクエストするよう設定されていない場合、プッシュする個々のコミットについてチェックをリクエストできます。 これらの設定についての詳しい情報は、「チェックスイート」を参照してください。

コミットに対するチェックをスキップもしくはリクエストするには、以下の追加行のいずれかをコミットメッセージの末尾に追加します:

  • コミットのチェックをスキップには、コミットメッセージと変更の短く意味のある説明を入力してください。 After your commit description, before the closing quotation, add two empty lines followed by skip-checks: true:
    $ git commit -m "Update README
    >
    >
    skip-checks: true"
  • コミットのチェックをリクエストするには、コミットメッセージと変更の短く意味のある説明を入力してください。 After your commit description, before the closing quotation, add two empty lines followed by request-checks: true:
    $ git commit -m "Refactor usability tests
    >
    >
    request-checks: true"

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?