ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AE is currently under limited release. Please contact our Sales Team to find out more.

リポジトリが削除されたり可視性が変更されたりするとフォークはどうなりますか?

リポジトリを削除したり、その可視性を変更したりすると、そのリポジトリのフォークに影響します。

警告:

  • プライベートリポジトリへの個人のアクセス権を削除すると、そのプライベートリポジトリからその人が作成したフォークはすべて削除されます。 プライベートリポジトリのローカルクローンは残ります。 プライベートリポジトリへのTeamのアクセス権が削除されたり、プライベートリポジトリへのアクセス権を持つTeamが削除された場合、Teamのメンバーが他のTeamを通じてそのリポジトリへのアクセス権を持っていなければ、そのリポジトリのプライベートフォークは削除されます。

  • リポジトリへのアクセスを失った個人に、機密情報や知的財産を確実に削除してもらうのは、あなたの責任です。

  • プライベートもしくはインターナルリポジトリに対する管理権限を持っている人は、そのリポジトリのフォークを禁止でき、OrganizationのオーナーはOrganization内の任意のプライベートもしくはインターナルリポジトリのフォークを禁止できます。 For more information, see "Managing the forking policy for your organization" and "Managing the forking policy for your repository."

プライベートリポジトリを削除する

プライベートリポジトリを削除すると、そのプライベートフォークもすべて削除されます。

プライベートフォークと権限

プライベートフォークは、上流もしくは親リポジトリの権限構造を継承します。 たとえば、上流リポジトリがプライベートで読み取り/書き込みアクセスをあるTeamに与えているなら、そのチームはプライベートの上流リポジトリのすべてのフォークに読み取り/書き込みアクセスを持つことになります。 これは、プライベートリポジトリのオーナーがコードに対するコントロールを管理するための役に立ちます。

内部リポジトリの表示を変更する

注釈: インターナルリポジトリはGitHub Enterprise Cloud、GitHub AE、GitHub Enterprise Server 2.20+で利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

Enterprise のポリシーでフォークが許可されている場合、内部リポジトリのフォークはすべてプライベートになります。 内部リポジトリの表示を変更した場合、Organization またはユーザアカウントが所有するフォークはすべてプライベートのままになります。

内部リポジトリを削除する

内部リポジトリの表示を変更してからリポジトリを削除すると、フォークは別のネットワークに引き続き存在します。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.