Skip to main content

コミットメールアドレスを設定する

your enterprise とコンピューター上でコミットを作成するために使われるメール アドレスを設定できます。

コミットメールアドレスについて

GitHub は、コミット メール アドレスを使って、your enterprise でのユーザーのアカウントにコミットを関連付けます。 コマンドラインからプッシュするコミットや、WebベースのGit操作に関連づけられるメールアドレスは選択できます。

Web ベースの Git 操作の場合、GitHub AE でコミット メール アドレスを設定できます。 コマンドラインからプッシュするコミットについては、Git のコミットメールアドレスを設定できます。

GitHub AE のコミット メール アドレスを変更すると、新しいメール アドレスは、今後の Web ベースの Git 操作のすべてで既定で表示されます。 コミットメールアドレスを変更する前のコミットは、変更前のメールアドレスに関連付けられたままとなります。

コミットがユーザーに帰属し、ユーザーのコントリビューション グラフに表示されるようにするには、your enterprise でのユーザーのアカウントに接続されているメール アドレスを使います。

GitHub のコミットメールアドレスを設定する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. 左サイドバーで、 [メール] をクリックします。 [メール] タブ 1. "Primary email address(プライマリメールアドレス)"リストで、WebベースのGit操作と関連づけたいメールアドレスを選択してください。 プライマリ メール アドレスの選択

Git のコミットメールアドレスを設定する

git config コマンドを使用して、Git コミットに関連付けるメール アドレスを変更できます。 設定した新しいメール アドレスは、それ以降にコマンド ラインから your enterprise にプッシュするすべてのコミットで表示されます。 コミットメールアドレスを変更する前のコミットは、まだ過去のメールアドレスに関連付けられます。

コンピュータにあるすべてのリポジトリ用にメールアドレスを設定する

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。
  2. Gitでメールアドレスを設定してください。 任意のメール アドレスを使用できます。
    $ git config --global user.email "YOUR_EMAIL"
  3. Git で正しくメールアドレスが設定されたことを確認してください。
    $ git config --global user.email
    email@example.com

単一リポジトリ用にメールアドレスを設定する

GitHub AE は、ローカル Git 構成で設定されたメール アドレスを使って、コマンド ラインからプッシュされたコミットを your enterprise のアカウントに関連付けます。

単一のリポジトリで作成するコミットに関連するメールアドレスを変更できます。 これにより、この 1 つのリポジトリのグローバル Git 構成設定がオーバーライドされますが、他のリポジトリには影響しません。

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。
  2. 現在のワーキングディレクトリを Git コミットと関連付けたメールアドレスを設定したいローカルリポジトリに変更します。
  3. Gitでメールアドレスを設定してください。 任意のメール アドレスを使用できます。
    $ git config user.email "YOUR_EMAIL"
  4. Git で正しくメールアドレスが設定されたことを確認してください。
    $ git config user.email
    email@example.com