Skip to main content

GitHub ユーザ名の変更

GitHub.com 上でアカウントのユーザー名を変更できます。

: マネージド ユーザーを含む Enterprise のメンバーは、ユーザー名を変更できません。 Enterprise の IdP 管理者は、GitHub Enterprise Cloud のユーザー名を制御します。 詳しくは、「Enterprise Managed Users について」を参照してください。

ユーザ名の変更について

ユーザー名は、現在使用されていない別のユーザー名に変更できます。変更したいユーザー名が使用できない場合は、他の名前または一意のバリエーションを検討してください。 数字、ハイフン、別のつづりなどを使えば、同様のユーザ名が見つかるかもしれません。

ユーザー名の商標を保持している場合は、商標ポリシーのページで商標の苦情を申し立てる方法の詳細を確認できます。

名前の商標を保持していない場合は、別のユーザー名を選択するか、現在のユーザー名を保持することができます。 GitHub Support では、利用できないユーザ名をリリースできません。 詳細については、「ユーザー名を変更する」を参照してください。

ユーザ名を変更すると、変更前のユーザ名は誰でも取得できるようになります。 古いユーザ名の下にあるリポジトリへの参照のほとんどが、自動で新しいユーザ名に変わります。 ただし、プロフィールへのリンクによっては、自動的にリダイレクトされません。

GitHub Enterprise Cloud は、次のリダイレクトを設定できません:

  • @mentions 古いユーザー名を使用する
  • 古いユーザー名を含む gists へのリンク

マネージド ユーザーを含む Enterprise のメンバーは、ユーザー名を変更できません。 詳しくは、「GitHub アカウントの種類」を参照してください。

GitHub Marketplace に記載されているアクションが含まれるパブリック リポジトリか、アカウント名の変更前の週に GitHub Actions が 100 回以上複製されたか、100 回以上使用されているパブリック リポジトリがアカウント名前空間に含まれる場合、GitHub では、アカウントの名前変更時に、古い所有者名とリポジトリ名の組み合わせ (OLD-OWNER/REPOSITORY-NAME) が完全に廃止となります。 廃止にした所有者名とリポジトリ名の組み合わせでリポジトリを作成しようとすると、"リポジトリ <REPOSITORY_NAME> は廃止されており、再利用できません" というエラーが表示されます。

GitHub Packages レジストリに格納されているパッケージまたはコンテナー イメージがアカウントの名前空間に含まれている場合、該当するパッケージとコンテナー イメージは GitHub によって新しい名前空間に転送されます。 アカウントの名前を変更すると、これらのパッケージに依存しているプロジェクトが中断される可能性があります。 ダウンロード数が 5,000 を超えるパブリックのコンテナー イメージがその名前空間に含まれている場合、アカウントの名前を変更すると、これらのコンテナー イメージの以前のフルネーム (OLD-NAMESPACE/IMAGE-NAME) は完全に廃止され、今後そのコンテナー イメージ名を再利用できなくなります。

リポジトリ参照

ユーザ名を変更した後、GitHub Enterprise Cloud は自動的にあなたのリポジトリへの参照をリダイレクトします。

  • 既存のリポジトリへの Web リンクは引き続き機能します。 変更を加えてから完了するまでに数分かかることがあります。
  • ローカルリポジトリのクローンから古いリモートトラッキング URL へのコマンドラインプッシュは引き続き機能します。

古いユーザ名の新しい所有者が、あなたのリポジトリと同じ名前のリポジトリを作成すると、リダイレクトエントリが上書きされ、リダイレクトは機能しなくなります。 こうしたことが起こることを防ぐため、ユーザ名を変更したら、既存のすべてのリモートリポジトリ URL を更新することをお勧めします。 詳しくは、「リモートリポジトリを管理する」を参照してください。

ユーザー名を変更すると、前のプロファイル ページへのリンク (例: https:///previoususername) で 404 エラーが返されます。 LinkedIn や Twitter のプロフィールなどの他の場所から GitHub.com 上の自分のアカウントへのすべてのリンクを、更新することをお勧めします。

Git コミット

GitHub アカウントに追加した別のメール アドレスに Git コミットが関連付けられている場合、ユーザー名を変更した後も、そのコミットは引き続きユーザーに帰属し、コントリビューション グラフに表示されます。 メール アドレスの設定について詳しくは、「コミットメールアドレスを設定する」および「GitHub アカウントへのメールアドレスの追加」をご覧ください。

GitHub によって指定されたプライベート コミット メール アドレスを使用している場合、アカウントの名前変更後にコミット履歴が保持されるかどうかは、メール アドレスの形式によって異なります。 GitHub Enterprise Cloud によって指定されたnoreply メール アドレスに関連付けられている Git コミットは、新しいユーザー名に帰属せず、noreply メール アドレスが ID+USERNAME@users.noreply.github.com の形式でない限り、コントリビューション グラフには表示されません。 数値 ID を含まない古いバージョンの noreply メール アドレスは、ユーザー名を変更した後、GitHub アカウントに関連付けられません。

警告:

  • ユーザー名の変更後、以前の GitHub Enterprise Cloud 指定の noreply メール アドレスを使って署名された検証済みコミットは、"検証済み" の状態でなくなります。
  • GitHub Enterprise Cloud が署名を検証するとき、コミッターまたはタガーのメール アドレスが GPG キーの ID に関連付けられているメール アドレスの 1 つと正確に一致しているかどうかを確認します。 さらに、GitHub Enterprise Cloud は、電子メール アドレスが検証され、そのユーザーのアカウントにリンクされていることを確認します。 これにより、キーが自分のものであり、自分がコミットまたはタグを作成したことが保証されます。 noreply メール アドレスのユーザー名が変更されるため、これらのコミットは検証できなくなります。

自分の gist

ユーザー名を変更すると、パブリックまたはシークレットの gist への URL も変更され、これらに対する以前のリンクからは 404 エラーが返るようになります。 共有している可能性があるすべての場所で、これらの gist へのリンクを更新することをお勧めします。

CODEOWNERS ファイル

ユーザー名を変更した後、古いユーザー名を含む CODEOWNERS ファイルを手動で更新する必要があります。 GitHub.com で CODEOWNERS ファイルを表示するとき、ファイルに不明なユーザーまたは書き込みアクセス権のないユーザーが含まれていると、エラー メッセージが表示されます。 関連するすべての CODEOWNERS ファイルを新しいユーザー名で更新することをお勧めします。 詳しくは、「コードオーナーについて」を参照してください。

ユーザ名を変更する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    Screenshot of a user's account menu on GitHub. The menu item "Settings" is outlined in dark orange.

  2. 左側のサイドバーで、[ アカウント] をクリックします。

  3. [ユーザー名の変更] セクションで、 [ユーザー名の変更] をクリックします。

  4. ユーザ名を変更することに関する警告を読みます。 ユーザー名を変更する場合は、 [I understand, let's change my username] をクリックします。

  5. 新しいユーザ名を入力します。

  6. 選択したユーザー名が利用できる場合、 [ユーザー名を変更する] をクリックします。 選択したユーザ名が利用できない場合、別のユーザ名を入力するか、提案されたユーザ名を利用できます。

参考資料