Skip to main content

コラボレーターを個人リポジトリに招待する

個人リポジトリに、ユーザーをコラボレーターとして追加できます。

個人リポジトリでのコラボレーションについて

GitHub.com の個人アカウントに属するリポジトリ内のユーザーとコラボレーションするために、コラボレーターとしてユーザーを招待できます。

リポジトリへのより詳細なアクセス権を付与する場合は、Organization 内にリポジトリを作成できます。 詳しくは、「GitHub 上のアクセス権限」を参照してください。

マネージド ユーザーを含む Enterprise のメンバーである場合は、共同作業を行うために自社の他のメンバーのみを招待できます。 詳しくは、「GitHub アカウントの種類」を参照してください。

プライベート フォークは、上流リポジトリのアクセス許可構造を継承します。 これは、プライベートリポジトリのオーナーがコードに対するコントロールを管理するための役に立ちます。 たとえば、上流リポジトリがプライベートで読み取り/書き込みアクセスをあるTeamに与えているなら、そのチームはプライベートの上流リポジトリのすべてのフォークに読み取り/書き込みアクセスを持つことになります。 (個人のアクセス許可ではなく) チームのアクセス許可のみが、プライベート フォークによって継承されます。

コラボレーターを個人リポジトリに招待する

GitHub.comのユーザー、またはユーザーのメール アドレスにリポジトリでコラボレーションするための招待状を直接送信できます。

GitHub では、24 時間以内にリポジトリに招待できる人数に上限があります。 この上限を超える場合は、24 時間待つか、コラボレーションする人数の多い Organization を作成してください。 詳しくは、「新しい Organization をゼロから作成」を参照してください。

  1. コラボレーターとして招待する人のユーザー名を確認してください。まだユーザー名がない場合は、GitHub にサインアップできます。 詳しくは、「GitHub でのアカウントの作成」をご覧ください。1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。1. リポジトリ名の下にある [設定] をクリックします。 [設定] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [設定] をクリックします。

    タブを示すリポジトリ ヘッダーのスクリーンショット。 [設定] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ コラボレーター] をクリックします。

  3. [ユーザーの追加] をクリックします。

  4. 検索フィールドで、招待する人の名前を入力し、一致するリストの名前をクリックします。

  5. [REPOSITORY に NAME を追加] をクリックします。

  6. リポジトリへの招待メールがユーザに届きます。 ユーザが招待を受諾すると、そのユーザはコラボレーターとしてリポジトリにアクセスできるようになります。

参考資料