Skip to main content

個人アカウントのリポジトリの所有権の継続性を管理する

自分が管理できない場合にユーザ所有のリポジトリを管理してもらえるように、他のユーザを招待することができます。

後継者について

自分が管理できない場合にユーザ所有のリポジトリを管理してもらえるように、他の GitHub を後継者として招待することをお勧めします。 後継者に指定されたユーザは、次の操作が可能になります。

  • パブリックリポジトリをアーカイブする。
  • パブリックリポジトリを他のユーザ所有のアカウントに委譲する。
  • Organization でリポジトリが作成されるときにパブリックリポジトリを委譲する。

後継者があなたのアカウントにログインすることはできません。

指名された後継者は、死亡証明書の提出から 7 日間経ってから、または死亡記事が掲載されてから 21 日間経ってから、あなたのパブリックリポジトリを管理できるようになります。 詳細については、「お亡くなりになったユーザーに関する GitHub のポリシー」を参照してください。

後継者としてリポジトリを管理するためのアクセスを要求するには、GitHub Support にお問い合わせください。

後継者を招待する

後継者として招待する人は、GitHub アカウントを所有している必要があります。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the left sidebar, click Account.

  3. [Successor settings] で後継者を招待し、ユーザ名、フルネーム、メールアドレスを入力して、名前が必要されたらそれをクリックします。 後継者招待の検索フィールド

  4. [後継者の追加] をクリックします。

  5. ダイアログが表示されたら GitHub Enterprise Cloud のアカウントへのアクセスを確認します。 詳しくは、「Sudo モード」を参照してください。

  6. 招待したユーザーは、後継者になることに合意するまで "Pending" としてリストされます。 保留中の後継者の招待