Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

GitHub App による認証

GitHub Apps で認証する方法について説明します。

GitHub アプリでの認証について

GitHub App を使うと、アプリ自体またはアプリのインストールとしてアプリを認証するか、ユーザーの代わりにアプリを認証することができます。

GitHub Appとしての認証

インストール アクセス トークンを生成したり、アプリを管理したりするために、GitHub App として認証できます。

GitHub App インストールとしての認証

GitHub App をインストールとして認証して、アプリがインストールされているアカウントが所有するリソースに影響する API 要求を行うことができます。

ユーザーに代わって GitHub アプリで認証する

GitHub App は、issue の作成、コメントの投稿、デプロイの作成などのアクションをユーザーの代わりに実行できます。

GitHub Apps の秘密キーの管理

秘密キーを管理して、GitHub App で認証できます。

GitHub アプリの JSON Web トークン (JWT) の生成

GitHub App を使用して特定の REST API エンドポイントに対して認証する JSON Web トークン (JWT) を作成する方法について説明します。

GitHub アプリのインストール アクセス トークンの生成

GitHub App のインストール アクセス トークンを生成する方法について説明します。

GitHub アプリのユーザー アクセス トークンの生成

アプリ アクティビティがユーザーに帰属することを示すために、GitHub App のユーザー アクセス トークンを生成できます。

ユーザー アクセス トークンを更新する

定期的なトークンのローテーションを強制し、侵害されたトークンの影響を抑えるために、有効期限が切れるユーザー アクセス トークンを利用するように GitHub App を設定できます。

GitHub Actions ワークフローで GitHub App を使用して認証済み API 要求を作成する

GitHub App からのインストール アクセス トークンを使って、GitHub Actions ワークフローで認証済み API 要求を行うことができます。 トークンをカスタム アクションに渡して、アクションで認証済み API 要求を行えるようにすることもできます。