Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

GitHub App の登録

GitHub App は、個人用アカウントまたは所有している組織で登録できます。

GitHub Apps

の登録について

個人用アカウント、所有している組織、またはその組織が所有するすべてのアプリを管理するアクセス許可が自分に付与されている組織で、GitHub App を登録できます。 詳しくは、「Organization の GitHub App マネージャーを追加および削除する」を参照してください。

GitHub App の登録

  1. GitHub の任意のページの右上隅にある、自分のプロファイル写真をクリックします。

  2. アカウント設定にアクセスしてください。

    • 個人用アカウントが所有するアプリの場合は、[設定] をクリックします。
    • 組織が所有するアプリの場合:
      1. [自分の組織] をクリックします。
      2. 組織の右側にある [設定] をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで [ 開発者設定] をクリックします。

  4. 左側のサイドバーで、 [GitHub Apps] をクリックします。

  5. [新しい GitHub アプリ] をクリックします。

  6. [GitHub アプリ名] に、アプリの名前を入力します。 わかりやすく短い名前を選ぶ必要があります。 名前は 34 文字より長くすることはできません。 アプリでアクションが実行されると、アプリの名前 (小文字に変換され、スペースが - に置き換えられ、特殊文字が置き換えられる) がユーザー インターフェイスに表示されます。 たとえば、My APp Nämemy-app-name として表示されます。

    名前は GitHub 全体で一意である必要があります。 既存の GitHub アカウントと同じ名前を使用することはできません。ただし、それがあなた自身のユーザー名や Organization 名である場合は例外です。

  7. 必要に応じて、[説明] にアプリの説明を入力します。 ユーザーと Organization には、アプリのインストール時にこの説明が表示されます。

  8. [ホームページの URL] に、アプリのウェブサイトの完全な URL を入力します。 専用 URL がなく、アプリのコードがパブリック リポジトリに格納されている場合は、そのリポジトリ URL を使用できます。 または、アプリを所有する Organization またはユーザーの URL を使用できます。

  9. 必要に応じて、[コールバック URL] に、ユーザーがインストールを承認した後にリダイレクトされる URL を完全な形で入力します。

    コールバック URL は最大 10 個入力できます。 さらにコールバック URL を追加するには、 [コールバック URL の追加] をクリックします。

    アプリがユーザーの代わりに動作する必要がない (ユーザー アクセス トークンを生成する必要がない) 場合、このフィールドは無視されます。 アプリで Web アプリケーション フローではなくデバイス フローを使用してユーザー アクセス トークンを生成する場合、このフィールドは無視されます。

    コールバック URL について詳しくは、「ユーザー承認コールバック URL について」を参照してください。 ユーザーの代わりに動作するユーザー アクセス トークンの生成について詳しくは、「ユーザーに代わって GitHub アプリで認証する」と「GitHub アプリのユーザー アクセス トークンの生成」を参照してください。

  10. 必要に応じて、ユーザー アクセス トークンの有効期限が切れないようにするには、 [ユーザー承認トークンの期限切れ] の選択を解除します。 GitHub では、このオプションを選択したままにすることを強くお勧めします。 期限切れトークンの更新と、有効期限が切れるユーザー アクセス トークンの利点について詳しくは、「ユーザー アクセス トークンを更新する」を参照してください。 アプリでユーザー アクセス トークンを生成する必要がない場合、このフィールドは無視されます。

  11. 必要に応じて、アプリのインストール時にユーザーに承認を求めるメッセージを表示するには、 [インストール中にユーザー承認 (OAuth) を要求する] を選びます。 ユーザーがアプリを認可した場合、アプリでそのユーザーに代わって API 要求を行い、アプリ アクティビティをユーザーに属性付けるために、ユーザー アクセス トークンを生成できます。 詳細については、「ユーザーに代わって GitHub アプリで認証する」および「GitHub アプリのユーザー アクセス トークンの生成」を参照してください。

  12. 必要に応じて、デバイス フローを使用してユーザー アクセス トークンを生成する場合は、 [デバイス フローを有効にする] を選択します。 詳しくは、「GitHub アプリのユーザー アクセス トークンの生成」を参照してください。

  13. 必要に応じて、[セットアップ URL] に、アプリのインストール後にユーザーをリダイレクトする URL を入力します。 インストール後に追加のセットアップが必要な場合は、この URL を使用して、インストール後に行う手順をユーザーに伝えることができます。 詳しくは、「セットアップ URL について」を参照してください。

    前の手順で [インストール中にユーザー承認 (OAuth) を要求する] を選んだ場合、ここに URL を入力することはできません。 代わりに、ユーザーは承認フローの一部としてコールバック URL にリダイレクトされます。ここで、追加のセットアップを説明できます。

  14. 必要に応じて、インストールの更新後にユーザーをセットアップ URL にリダイレクトする場合は、 [更新時にリダイレクト] を選択します。 更新には、インストール用のリポジトリの追加または削除が含まれます。 [セットアップ URL] が空白の場合、これは無視されます。

  15. 必要に応じて、アプリで Webhook イベントを受信しないようにする場合は、 [アクティブ] の選択を解除します。 たとえば、アプリが認証にのみ使用されるか、Webhook に応答する必要がない場合は、このオプションの選択を解除します。 詳しくは、「GitHub Apps での Webhook の使用」を参照してください。

  16. 前の手順で [アクティブ] を選択した場合は、[Webhook URL] に、GitHub が Webhook イベントを送信する必要がある URL を入力します。 詳しくは、「GitHub Apps での Webhook の使用」を参照してください。

  17. 必要に応じて、前の手順で [アクティブ] を 選択した場合は、[Webhook シークレット] に、Webhook をセキュリティで保護するためのシークレット トークンを入力します。 GitHub では、Webhook シークレットを設定することを強くお勧めします。 詳しくは、「GitHub Apps での Webhook の使用」を参照してください。

  18. Webhook URL を入力した場合は、[SSL 検証] で、SSL 検証を有効にするかどうかを選びます。 GitHub では、SSL 検証を有効にすることを強くお勧めします。

  19. [アクセス許可] で、アプリに必要なアクセス許可を選びます。 アクセス許可ごとに、ドロップダウン メニューを選び、 [読み取り専用][読み取りおよび書き込み] 、または [アクセス権なし] をクリックします。 アプリに必要な最小限のアクセス許可を選ぶ必要があります。 詳しくは、「GitHub アプリのアクセス許可を選択する」を参照してください。

  20. 前の手順で [アクティブ] を選び、アプリで Webhook イベントを受信する必要があることを示した場合は、[イベントのサブスクライブ] で、アプリで受信する Webhook イベントを選びます。 前の手順で選んだアクセス許可によって、使用できる Webhook イベントが決まります。 各 Webhook イベントについて詳しくは、「Webhook のイベントとペイロード」を参照してください。

  21. [この GitHub アプリをインストールできる場所] で、[このアカウントのみ] または [任意のアカウント] を選択します。インストール オプションの詳細については、「GitHub Appをパブリックまたはプライベートにする」を参照してください。

  22. [GitHub アプリの作成] をクリックします。

次のステップ

GitHub App を登録した後は、GitHub App に何かを実行させるコードを書くことになります。 コードを書く方法の例については、次を参照してください。

ベスト プラクティスに従うようにする必要があります。 詳しくは、「GitHub App を作成するためのベスト プラクティス」を参照してください。

GitHub App が完全に構築されたら、GitHub App をインストールし、GitHub App を他のユーザーと共有できます。 詳細については、「独自の GitHub App のインストール」および「GitHub App の共有」を参照してください。

GitHub App の設定はいつでも変更できます。 詳しくは、「GitHub App 登録の変更」を参照してください。