Skip to main content
We publish frequent updates to our documentation, and translation of this page may still be in progress. For the most current information, please visit the English documentation.

Docker レジストリからコンテナー レジストリへの Enterprise の移行

以前に your GitHub Enterprise Server instance の Docker レジストリに保存されていた Docker イメージを、Container registry に移行できます。

Who can use this feature

Enterprise owners can migrate Docker images to the Container registry.

: Container registry は GitHub Enterprise Server に対して現在ベータ版であり、変更される可能性があります。

Container registry を使うには、GitHub Packages と Subdomain Isolation の両方を有効にする必要があります。 詳しくは、「コンテナー レジストリを操作する」をご覧ください。

Container registry について

Container registry は、Organization または個人アカウント内にコンテナー イメージを格納し、イメージをリポジトリに関連付けることができます。 権限をリポジトリから継承するか、リポジトリとは別に細かい権限を設定するかを選ぶことができます。 パブリック コンテナー イメージに匿名でアクセスすることもできます。詳しくは、「Container registryの操作」を参照してください。

your GitHub Enterprise Server instance の GitHub Packages を構成する方法について詳しくは、「Enterprise の GitHub Packages を使い始める」をご覧ください。

Docker レジストリからの移行について

Container registry は、GitHub の Docker レジストリに置き換えられます。your GitHub Enterprise Server instance の Docker レジストリにイメージが含まれている場合は、イメージを手動で Container registry に移行する必要があります。

: GitHub Enterprise Server 3.6 では、Organization に格納されている Docker イメージの移行がサポートされています。 今後のリリースでは、ユーザー所有のイメージの移行がサポートされます。

Docker レジストリ、docker.HOSTNAME の名前空間を使用するあらゆるスクリプトまたは GitHub Actions ワークフローは、containers.HOSTNAME の Container registry に移行した後も引き続き動作します。Container registryへの移行の影響について詳しくは、「Docker レジストリからContainer registryへの移行」を参照してください。

Container registryへの Organization の移行

Organization の Docker イメージすべてのContainer registryへの移行を開始できます。 移行操作の期間は、移行するイメージの合計数と、お使いのインスタンスでの全体的な負荷によって異なります。 移行が成功すると、GitHub Enterprise Server に概要が表示され、今後の Docker イメージのすべてのアップロードにContainer registryが使用されます。

サイト管理者が your GitHub Enterprise Server instance にメール通知を構成している場合は、移行が完了するとメールが届きます。 詳しくは、「通知のためのメール設定」をご覧ください。

:

  • 移行中は、お使いのインスタンスの CPU とメモリの使用量が増加します。 ユーザーのためにインスタンスのパフォーマンスを確保するために、GitHub では、アクティビティが減少する期間に移行を開始することをお勧めします。 - 移行中は、Enterprise の設定を変更したり、管理 SSH セッションから ghe-config-apply を実行したりしないでください。 これらのアクションによって構成の実行がトリガーされます。そのためにサービスが再起動される場合があり、移行が中断される可能性があります。
  • 移行後、Docker レジストリとContainer registryのイメージ ファイルが重複するため、インスタンスのストレージ負荷が増加します。 GitHub Enterprise Server の今後のリリースでは、すべての移行が完了すると、重複したファイルが削除されます。

your GitHub Enterprise Server instance のパフォーマンスとストレージの監視について詳しくは、「モニター ダッシュボードへのアクセス」をご覧ください。

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロファイル写真をクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。 GitHub Enterprise Server のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise] 1. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ
  2. 左側のサイドバーで、 [パッケージ] をクリックします。
  3. 移行するパッケージ数の右側にある [移行の開始] をクリックします。 移行中は、GitHub Enterprise Server によってこのページに進行状況が表示されます。

移行が完了すると、このページに結果が表示されます。 移行が失敗した場合、このページには、エラーの原因となったパッケージを所有している Organization が表示されます。

失敗した Organization 移行の再実行

移行前に、ユーザーが Docker レジストリの既存パッケージと同じ名前のパッケージをContainer registryに作成していた場合、移行は失敗します。

  1. Container registry内の影響を受けたコンテナーを削除します。 詳しくは、「パッケージを削除および復元する」をご覧ください。
  2. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロファイル写真をクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。 GitHub Enterprise Server のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise] 1. エンタープライズ アカウントのサイドバーで、 [設定] をクリックします。 エンタープライズ アカウントのサイドバー内の [設定] タブ 1. 左側のサイドバーで、 [パッケージ] をクリックします。
  3. 移行するパッケージ数の右側にある [移行の再実行] をクリックします。 移行中は、GitHub Enterprise Server によってこのページに進行状況が表示されます。
  4. 移行が再び失敗した場合は、手順 1 から開始して移行をもう一度実行します。