Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2023-12-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

管理コンソールについて

[Management Console]からは、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンスの初期化、構成、監視を行うことができます。

[Management Console]について

[Management Console]を使うと、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンスの低レベルの構成を管理できます。 たとえば、初期セットアップの完了、ライセンスと低レベルの設定の管理、認証の構成、メンテナンス期間のスケジュール設定、インスタンスの監視を行うことができます。

インスタンスがメンテナンス モードになっていたり、致命的なアプリケーション障害やホスト名あるいは SSL の構成ミスがあっても、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンスの IP アドレスを使って、[Management Console] にいつでもアクセスできます。

[Management Console]にアクセスするには、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンスの初期セットアップ時に設定した管理者パスワードを使う必要があります。 また、ポート 8443 で仮想マシンのホストに接続することもできます。 [Management Console]へのアクセスに問題があれば、中間のファイアウォールやセキュリティグループの設定を確認してください。

[Management Console]のパスワード ハッシュは、/data/user/common/secrets.conf に格納されます。 高可用性またはクラスタリングが構成されている場合、ファイルはプライマリ ノードから追加のノードに自動的に同期されます。 プライマリのパスワードに対する変更はすべて、インスタンスのノードに自動的にレプリケートされます。 高可用性の詳細については、「High Availability設定について」を参照してください。

[Management Console]でのアクティビティの例

[Management Console]では、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンスの管理タスクを実行できます。次に例を示します。

  • 初期セットアップ: ブラウザーで お使いの GitHub Enterprise Server インスタンスの IP アドレスにアクセスして お使いの GitHub Enterprise Server インスタンスを最初に起動したときの、初期セットアップ プロセスを段階的に示します。
  • [Management Console] の認証ポリシーの構成: ログイン試行のレート制限と、他のユーザーがレート制限を超えた場合のロックアウト期間を設定します。 詳しくは、「管理コンソールへのアクセスの管理」を参照してください。
  • インスタンスの基本設定: [設定] ページで、DNS、ホスト名、SSL、ユーザー認証、メール、モニタリング サービス、ログ転送を構成します。
  • メンテナンス期間のスケジュール: [Management Console] または管理シェルを使用してメンテナンスを実行する際に、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンスをオフラインにします。
  • トラブルシューティング: サポート バンドルを生成するか、高レベルの診断情報を表示します。
  • ライセンス管理: GitHub Enterprise ライセンスを表示または更新します。