Skip to main content

Re-running workflows and jobs

You can re-run a workflow run, all failed jobs in a workflow run, or specific jobs in a workflow run up to 30 days after its initial run.

Who can use this feature

People with write permissions to a repository can re-run workflows in the repository.

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

About re-running workflows and jobs

Re-running a workflow or jobs in a workflow uses the same GITHUB_SHA (commit SHA) and GITHUB_REF (Git ref) of the original event that triggered the workflow run. You can re-run a workflow or jobs in a workflow for up to 30 days after the initial run. You cannot re-run jobs in a workflow once its logs have passed their retention limits. For more information, see "Usage limits, billing, and administration." When you re-run a workflow or jobs in a workflow, you can enable debug logging for the re-run. This will enable runner diagnostic logging and step debug logging for the re-run. For more information about debug logging, see "Enabling debug logging."

Re-running all the jobs in a workflow

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository.

  2. リポジトリ名の下の [Actions] (アクション) をクリックします。 メインのリポジトリ ナビゲーション内の [Actions](アクション) タブ

  3. 左サイドバーで、表示するワークフローをクリックします。 左サイドバーのワークフロー リスト

  4. ワークフロー実行の一覧で実行の名前をクリックすると、ワークフロー実行の概要が表示されます。

    ワークフローの実行の名前

  5. In the upper-right corner of the workflow, use the Re-run jobs drop-down menu, and select Re-run all jobs.

    If no jobs failed, you will not see the Re-run jobs drop-down menu. Instead, click Re-run all jobs.

    Rerun checks drop-down menu

  6. 必要に応じて、再実行でランナー診断ログとステップ デバッグ ログを有効にするには、 [デバッグ ログを有効にする] を選びます。 デバッグ ログを有効にする

GitHub CLI の詳細については、「GitHub CLI について」を参照してください。

To re-run a failed workflow run, use the run rerun subcommand. Replace run-id with the ID of the failed run that you want to re-run. If you don't specify a run-id, GitHub CLI returns an interactive menu for you to choose a recent failed run.

gh run rerun RUN_ID

再実行でランナー診断ログとステップ デバッグ ログを有効にするには、--debug フラグを使います。

gh run rerun RUN_ID --debug

To view the progress of the workflow run, use the run watch subcommand and select the run from the interactive list.

gh run watch

Re-running failed jobs in a workflow

If any jobs in a workflow run failed, you can re-run just the jobs that failed. When you re-run failed jobs in a workflow, a new workflow run will start for all failed jobs and their dependents. Any outputs for any successful jobs in the previous workflow run will be used for the re-run. Any artifacts that were created in the initial run will be available in the re-run. Any environment protection rules that passed in the previous run will automatically pass in the re-run.

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository.

  2. リポジトリ名の下の [Actions] (アクション) をクリックします。 メインのリポジトリ ナビゲーション内の [Actions](アクション) タブ

  3. 左サイドバーで、表示するワークフローをクリックします。 左サイドバーのワークフロー リスト

  4. ワークフロー実行の一覧で実行の名前をクリックすると、ワークフロー実行の概要が表示されます。

    ワークフローの実行の名前

  5. In the upper-right corner of the workflow, use the Re-run jobs drop-down menu, and select Re-run failed jobs.

    Rerun checks drop-down menu

  6. 必要に応じて、再実行でランナー診断ログとステップ デバッグ ログを有効にするには、 [デバッグ ログを有効にする] を選びます。 デバッグ ログを有効にする

To re-run failed jobs in a workflow run, use the run rerun subcommand with the --failed flag. Replace run-id with the ID of the run for which you want to re-run failed jobs. If you don't specify a run-id, GitHub CLI returns an interactive menu for you to choose a recent failed run.

gh run rerun RUN_ID --failed

再実行でランナー診断ログとステップ デバッグ ログを有効にするには、--debug フラグを使います。

gh run rerun RUN_ID --failed --debug

Re-running a specific job in a workflow

When you re-run a specific job in a workflow, a new workflow run will start for the job and any dependents. Any outputs for any other jobs in the previous workflow run will be used for the re-run. Any artifacts that were created in the initial run will be available in the re-run. Any environment protection rules that passed in the previous run will automatically pass in the re-run.

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository.

  2. リポジトリ名の下の [Actions] (アクション) をクリックします。 メインのリポジトリ ナビゲーション内の [Actions](アクション) タブ

  3. 左サイドバーで、表示するワークフローをクリックします。 左サイドバーのワークフロー リスト

  4. ワークフロー実行の一覧で実行の名前をクリックすると、ワークフロー実行の概要が表示されます。

    ワークフローの実行の名前

  5. Next to the job that you want to re-run, click . Re-run selected job

    Alternatively, click on a job to view the log. In the log, click . Re-run selected job

  6. 必要に応じて、再実行でランナー診断ログとステップ デバッグ ログを有効にするには、 [デバッグ ログを有効にする] を選びます。 デバッグ ログを有効にする

To re-run a specific job in a workflow run, use the run rerun subcommand with the --job flag. Replace job-id with the ID of the job that you want to re-run.

gh run rerun --job JOB_ID

再実行でランナー診断ログとステップ デバッグ ログを有効にするには、--debug フラグを使います。

gh run rerun --job JOB_ID --debug

Re-running workflows and jobs with reusable workflows

パブリック リポジトリの再利用可能なワークフローは、SHA、リリース タグ、またはブランチ名を使って参照できます。 詳しくは、「再利用可能なワークフローの呼び出し」をご覧ください。

再利用可能なワークフローを使うワークフローを再実行し、参照が SHA ではない場合は、注意すべきいくつかの動作があります。

Reviewing previous workflow runs

You can view the results from your previous attempts at running a workflow. You can also view previous workflow runs using the API. For more information, see "Get a workflow run".

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository.

  2. リポジトリ名の下の [Actions] (アクション) をクリックします。 メインのリポジトリ ナビゲーション内の [Actions](アクション) タブ

  3. 左サイドバーで、表示するワークフローをクリックします。 左サイドバーのワークフロー リスト

  4. ワークフロー実行の一覧で実行の名前をクリックすると、ワークフロー実行の概要が表示されます。

    ワークフローの実行の名前

  5. Any previous run attempts are shown in the Latest drop-down menu. Previous run attempts

  6. Click an entry to view its results.