Skip to main content

Rubyでのビルドとテスト

Rubyプロジェクトのビルドとテストのための継続的インテグレーション(CI)ワークフローを作成できます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

はじめに

このガイドでは、Rubyアプリケーションのビルドとテストを行う継続的インテグレーション(CI)ワークフローの作成方法を紹介します。 CIテストにパスしたなら、コードをデプロイしたりgemを公開したりすることになるでしょう。

前提条件

Ruby、YAML、ワークフローの設定オプションと、ワークフローファイルの作成方法についての基本的な知識を持っておくことをおすすめします。 詳細については、次を参照してください。

Ruby スターター ワークフローの使用

GitHub では、ほとんどの Ruby プロジェクトで使用できる Ruby スターター ワークフローが提供されています。 詳細については、「Ruby スターター ワークフロー」を参照してください。

すぐに作業を開始するには、リポジトリの .github/workflows ディレクトリにスターター ワークフローを追加します。 以下に示すワークフローは、リポジトリのデフォルトブランチが main であることを前提としています。

# このワークフローはGitHubによって認定されていないアクションを使用します。
# それらはサードパーティによって提供され、
# 別個の利用規約、プライバシーポリシー、
# ドキュメントを参照してください。

# GitHub では、コミット SHA にアクションをピン留めすることが推奨されます。
# 新しいバージョンを取得するには、SHA を更新する必要があります。
# タグまたはブランチを参照することもできますが、アクションは警告なしに変更される可能性があります。

name: Ruby

on:
  push:
    branches: [ main ]
  pull_request:
    branches: [ main ]

jobs:
  test:

    runs-on: ubuntu-latest

    steps:
      - uses: actions/checkout@v3
      - name: Set up Ruby
        uses: ruby/setup-ruby@359bebbc29cbe6c87da6bc9ea3bc930432750108
        with:
          ruby-version: '3.1'
      - name: Install dependencies
        run: bundle install
      - name: Run tests
        run: bundle exec rake

Rubyのバージョンの指定

Ruby のバージョンを指定する最も簡単な方法は、Ruby 組織によって GitHub で提供されている ruby/setup-ruby アクションを使用することです。 このアクションにより、ワークフロー内の各ジョブ実行に対する PATH に、サポートされている Ruby のバージョンが追加されます。 詳細と使用可能な Ruby のバージョンについては、ruby/setup-ruby を参照してください。

GitHub Actions で Ruby を使用する場合、Ruby の ruby/setup-ruby アクションを使用すると、異なるランナーおよび Ruby の異なるバージョンの間で一貫した動作が保証されるため、この方法をお勧めします。

setup-ruby アクションは Ruby のバージョンを入力として受け取り、ランナー上でそのバージョンを構成します。

steps:
- uses: actions/checkout@v3
- uses: ruby/setup-ruby@359bebbc29cbe6c87da6bc9ea3bc930432750108
  with:
    ruby-version: '3.1' # Not needed with a .ruby-version file
- run: bundle install
- run: bundle exec rake

または、リポジトリのルートに .ruby-version ファイルをチェックインすると、そのファイルで定義されているバージョンが setup-ruby で使われます。

複数のバージョンの Ruby でのテスト

複数バージョンのRubyでワークフローを実行するように、マトリクス戦略を追加できます。 たとえば、バージョン 3.1、3.0、2.7 の最新のパッチ リリースに対してコードをテストできます。

strategy:
  matrix:
    ruby-version: ['3.1', '3.0', '2.7']

ruby-version 配列で指定されている Ruby の各バージョンで、同じ手順を実行するジョブが作成されます。 現在のジョブのバージョンにアクセスするには、${{ matrix.ruby-version }} コンテキストが使われます。 マトリックスの戦略とコンテキストの詳細については、「GitHub Actions のワークフロー構文」および「コンテキスト」を参照してください。

マトリクス戦略を持つ更新された完全なワークフローは、以下のようになるでしょう。

# このワークフローはGitHubによって認定されていないアクションを使用します。
# それらはサードパーティによって提供され、
# 別個の利用規約、プライバシーポリシー、
# ドキュメントを参照してください。

# GitHub では、コミット SHA にアクションをピン留めすることが推奨されます。
# 新しいバージョンを取得するには、SHA を更新する必要があります。
# タグまたはブランチを参照することもできますが、アクションは警告なしに変更される可能性があります。

name: Ruby CI

on:
  push:
    branches: [ main ]
  pull_request:
    branches: [ main ]

jobs:
  test:

    runs-on: ubuntu-latest

    strategy:
      matrix:
        ruby-version: ['3.1', '3.0', '2.7']

    steps:
      - uses: actions/checkout@v3
      - name: Set up Ruby ${{ matrix.ruby-version }}
        uses: ruby/setup-ruby@359bebbc29cbe6c87da6bc9ea3bc930432750108
        with:
          ruby-version: ${{ matrix.ruby-version }}
      - name: Install dependencies
        run: bundle install
      - name: Run tests
        run: bundle exec rake

Bundlerでの依存関係のインストール

setup-ruby アクションにより、バンドルが自動的にインストールされます。 バージョンは gemfile.lock ファイルによって決まります。 ロックファイルにバージョンがなければ、互換性のある最新のバージョンがインストールされます。

steps:
- uses: actions/checkout@v3
- uses: ruby/setup-ruby@359bebbc29cbe6c87da6bc9ea3bc930432750108
  with:
    ruby-version: '3.1'
- run: bundle install

依存関係のキャッシング

setup-ruby アクションによって実行間で gem のキャッシュを自動的に処理する方法が提供されます。

キャッシングを有効にするには、以下の設定をしてください。

steps:
- uses: ruby/setup-ruby@359bebbc29cbe6c87da6bc9ea3bc930432750108
    with:
      bundler-cache: true

これにより、gem を vendor/cache にインストールするように Bundler が構成されます。 ワークフローの実行が成功するたびに、このフォルダーは GitHub Actions によってキャッシュされ、それ以降のワークフローの実行の際に再ダウンロードされます。 キャッシュのキーとしては、gemfile.lockのハッシュとRubyのバージョンが使われます。 新しいgemをインストールしたり、バージョンを変更したりすると、キャッシュは無効になり、bundlerは新しくインストールを行います。

setup-ruby を使用しないキャッシュ

キャッシュをより詳細に制御するために、actions/cache アクションを直接使用できます。 詳細については、「依存関係をキャッシュしてワークフローのスピードを上げる」を参照してください。

steps:
- uses: actions/cache@v3
  with:
    path: vendor/bundle
    key: ${{ runner.os }}-gems-${{ hashFiles('**/Gemfile.lock') }}
    restore-keys: |
      ${{ runner.os }}-gems-
- name: Bundle install
  run: |
    bundle config path vendor/bundle
    bundle install --jobs 4 --retry 3

マトリクスビルドを使っているなら、キャッシュのキーにマトリクスの変数を含めたくなるでしょう。 たとえば、Ruby のさまざまなバージョン (matrix.ruby-version) とさまざまなオペレーティング システム (matrix.os) に対してマトリクス戦略を使用している場合、ワークフローの手順は次のようになります。

steps:
- uses: actions/cache@v3
  with:
    path: vendor/bundle
    key: bundle-use-ruby-${{ matrix.os }}-${{ matrix.ruby-version }}-${{ hashFiles('**/Gemfile.lock') }}
    restore-keys: |
      bundle-use-ruby-${{ matrix.os }}-${{ matrix.ruby-version }}-
- name: Bundle install
  run: |
    bundle config path vendor/bundle
    bundle install --jobs 4 --retry 3

コードのマトリクステスト

以下の例のマトリクスは、すべての安定リリースとヘッドバージョンのMRI、JRuby、TruffleRubyをUbuntu及びmacOSでテストします。

# このワークフローはGitHubによって認定されていないアクションを使用します。
# それらはサードパーティによって提供され、
# 別個の利用規約、プライバシーポリシー、
# ドキュメントを参照してください。

# GitHub では、コミット SHA にアクションをピン留めすることが推奨されます。
# 新しいバージョンを取得するには、SHA を更新する必要があります。
# タグまたはブランチを参照することもできますが、アクションは警告なしに変更される可能性があります。

name: Matrix Testing

on:
  push:
    branches: [ main ]
  pull_request:
    branches: [ main ]

jobs:
  test:
    runs-on: ${{ matrix.os }}-latest
    strategy:
      fail-fast: false
      matrix:
        os: [ubuntu, macos]
        ruby: [2.5, 2.6, 2.7, head, debug, jruby, jruby-head, truffleruby, truffleruby-head]
    continue-on-error: ${{ endsWith(matrix.ruby, 'head') || matrix.ruby == 'debug' }}
    steps:
      - uses: actions/checkout@v3
      - uses: ruby/setup-ruby@477b21f02be01bcb8030d50f37cfec92bfa615b6
        with:
          ruby-version: ${{ matrix.ruby }}
      - run: bundle install
      - run: bundle exec rake

コードの文法チェック

次の例では、rubocop がインストールされ、それを使ってすべてのファイルがリントされます。 詳細については、RuboCop を参照してください。 特定のリンティング規則を決定するように、Rubocop を構成することができます。

# このワークフローはGitHubによって認定されていないアクションを使用します。
# それらはサードパーティによって提供され、
# 別個の利用規約、プライバシーポリシー、
# ドキュメントを参照してください。

# GitHub では、コミット SHA にアクションをピン留めすることが推奨されます。
# 新しいバージョンを取得するには、SHA を更新する必要があります。
# タグまたはブランチを参照することもできますが、アクションは警告なしに変更される可能性があります。

name: Linting

on: [push]

jobs:
  test:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/checkout@v3
      - uses: ruby/setup-ruby@477b21f02be01bcb8030d50f37cfec92bfa615b6
        with:
          ruby-version: 2.6
      - run: bundle install
      - name: Rubocop
        run: rubocop

gemの公開

CIテストにパスしたなら、Rubyパッケージを任意のパッケージレジストリに公開するようにワークフローを設定できます。

パッケージを公開するのに必要なアクセストークンや認証情報は、リポジトリシークレットを使って保存できます。 次の例では、パッケージが作成されて、GitHub Package RegistryRubyGems に発行されます。

# このワークフローはGitHubによって認定されていないアクションを使用します。
# それらはサードパーティによって提供され、
# 別個の利用規約、プライバシーポリシー、
# ドキュメントを参照してください。

# GitHub では、コミット SHA にアクションをピン留めすることが推奨されます。
# 新しいバージョンを取得するには、SHA を更新する必要があります。
# タグまたはブランチを参照することもできますが、アクションは警告なしに変更される可能性があります。

name: Ruby Gem

on:
  # Manually publish
  workflow_dispatch:
  # Alternatively, publish whenever changes are merged to the `main` branch.
  push:
    branches: [ main ]
  pull_request:
    branches: [ main ]

jobs:
  build:
    name: Build + Publish
    runs-on: ubuntu-latest
    permissions:
      packages: write
      contents: read

    steps:
      - uses: actions/checkout@v3
      - name: Set up Ruby 2.6
        uses: ruby/setup-ruby@477b21f02be01bcb8030d50f37cfec92bfa615b6
        with:
          ruby-version: 2.6
      - run: bundle install

      - name: Publish to GPR
        run: |
          mkdir -p $HOME/.gem
          touch $HOME/.gem/credentials
          chmod 0600 $HOME/.gem/credentials
          printf -- "---\n:github: ${GEM_HOST_API_KEY}\n" > $HOME/.gem/credentials
          gem build *.gemspec
          gem push --KEY github --host https://rubygems.pkg.github.com/${OWNER} *.gem
        env:
          GEM_HOST_API_KEY: "Bearer ${{secrets.GITHUB_TOKEN}}"
          OWNER: ${{ github.repository_owner }}

      - name: Publish to RubyGems
        run: |
          mkdir -p $HOME/.gem
          touch $HOME/.gem/credentials
          chmod 0600 $HOME/.gem/credentials
          printf -- "---\n:rubygems_api_key: ${GEM_HOST_API_KEY}\n" > $HOME/.gem/credentials
          gem build *.gemspec
          gem push *.gem
        env:
          GEM_HOST_API_KEY: "${{secrets.RUBYGEMS_AUTH_TOKEN}}"