Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2023-01-18. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Organization のフォークポリシーを管理する

Organization が所有するプライベートおよび内部リポジトリのフォークを許可または禁止できます。

この機能を使用できるユーザー

Organization owners can manage the forking policy for an organization.

既定では、新しい組織はプライベートおよび内部リポジトリのフォークを禁止するように構成されます。

組織レベルでプライベートおよび内部リポジトリのフォークを許可する場合は、特定のプライベートまたは内部リポジトリをフォークする機能を構成することもできます。 詳細については、「リポジトリのフォーク ポリシーを管理する」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン 3. [アクセス] で、 [メンバー特権] をクリックします。 [メンバー特権] タブのスクリーンショット
  2. [リポジトリのフォーク] の下で、 [プライベートおよび内部リポジトリのフォークを許可する] を選択します。 組織でのフォークを許可または禁止するためのチェックボックス
  3. [保存] をクリックします。

参考資料