Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

外部のコラボレーターを追加するための権限を設定する

Organization のデータを保護し、Organization 内で使用されている有料ライセンスの数が無駄遣いされないようにするために、外部コラボレーターをOrganizationのリポジトリに招待できる人を設定できます。

デフォルトでは、リポジトリへの管理アクセスを持つ人は、そのリポジトリで作業してもらうために外部のコラボレータを招待できます。 外部のコラボレータを追加する機能は、Organizationのオーナーのみに制限することもできます。

EnterpriseのオーナーがEnterpriseのレベルでポリシーを設定している場合、Organiationのこの設定はできないかもしれません。 詳しい情報については「Enterpriseでのリポジトリ管理ポリシーの施行」を参照してください。

Adding an outside collaborator to a private repository will use one of your paid licenses. For more information, see "About billing for your enterprise."

  1. In the top right corner of GitHub Enterprise Server, click your profile photo, then click Your organizations. プロフィールメニューのあなたのOrganization

  2. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン

  3. 左のサイドバーで、Member privileges(メンバーの権限)をクリックしてください。 Org設定のメンバーの権限オプション

  4. [Repository outside collaborators] の下で、[Allow repository administrators to invite outside collaborators to repositories for this organization]の選択を解除します。 Checkbox to allow repository administrators to invite outside collaborators to organization repositories

  5. [Save] をクリックします。