Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Oraganization の以前のメンバーを復帰させる

Organizationのオーナーは以前のメンバーを Oraganization に追加して、その個人の以前のロール、アクセス権、フォーク、設定をリストアするかどうかを選択することができます。

Organization owners can reinstate a former member of an organization.

メンバーの復帰について

以下のいずれかの方法でユーザがOrganizationから削除された場合、そのユーザのアクセス権限と設定は3ヶ月間保存されます。

その期間内にユーザを Organization へ再度追加した場合、そのユーザの権限をリストアできます。

ノート:Any users removed due to SAML SSO enforcement can rejoin your organization by authenticating via SAML single sign-on. これらのユーザに再度参加するよう招待する必要はありません。 その代わりに、ユーザは自分の個人アカウントにサインインし、Organizationにアクセスし、バナーをクリックしてSAMLシングルサインオン経由で認証してもらうことができます。

Oraganization の以前のメンバーを復帰させると、次のことがリストアできます:

  • Organization でのユーザのロール
  • Organization が所有しているリポジトリのあらゆるプライベートフォーク
  • Organization のチームでのメンバーシップ
  • Organization のリポジトリへの以前のアクセスと権限
  • Organization リポジトリでの Star
  • Organization での Issue 割り当て
  • リポジトリプラン (リポジトリのアクティビティを Watch するか Watch しないか無視するかについての通知設定)

Organization のメンバーが 2 要素認証を使用していなかったために Organization から削除された場合、Organization で 2 要素認証を使用するようメンバーに要求することに変わりないのであれば、以前のメンバーは 2 要素認証を有効化しないとメンバーとして復帰できません。

Oraganization の以前のメンバーを復帰させる

  1. In the top right corner of GitHub Enterprise Server, click your profile photo, then click Your organizations. プロフィールメニューのあなたのOrganization
  2. Click the name of your organization. Organizationのリスト中のOrganization名
  3. Organization 名の下で、クリックします People. 人タブ
  1. People(人)タブで、Add member(メンバーを追加)をクリックしてください。 Add member button

  2. 復帰させたい人のユーザ名を入力し、Invite(招待)をクリックしてください。

  3. その個人の Organization での以前の権限をリストアするか、以前の権限をクリアして新たにアクセス権を設定するか、選択してから [Add and reinstate] または [Add and start fresh] をクリックします。 権限をリストアするかを選択

  4. Oraganization の以前のメンバーの以前の権限をクリアした場合は、そのユーザのロールを選択し、オプションでいくつかのチームに追加してから、[Add member] をクリックします。 ロールと Team のオプションと [add member] ボタン

参考リンク