Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Setting default values for jobs

Define the default settings that will apply to all jobs in the workflow, or all steps in a job.

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

概要

defaultsを使って、ワークフロー中のすべてのジョブに適用されるデフォルト設定のmapを作成してください。 1つのジョブだけで利用できるデフォルト設定を設定することもできます。 詳しい情報についてはjobs.<job_id>.defaultsを参照してください。

同じ名前で複数のデフォルトの設定が定義されている場合、GitHubは最も具体的なデフォルト設定を使用します。 たとえば、ジョブで定義されたデフォルト設定は、同じ名前を持つワークフローで定義されたデフォルト設定をオーバーライドします。

Setting default shell and working directory

defaults.runを使って、ワークフロー中のすべてのrunステップにデフォルトのshell及びworking-directoryオプションを指定できます。 1つのジョブだけで利用できるrunのデフォルト設定を設定することもできます。 詳しい情報についてはjobs.<job_id>.defaults.runを参照してください。 このキーワード中では、コンテキストや式を使うことはできません。

同じ名前で複数のデフォルトの設定が定義されている場合、GitHubは最も具体的なデフォルト設定を使用します。 たとえば、ジョブで定義されたデフォルト設定は、同じ名前を持つワークフローで定義されたデフォルト設定をオーバーライドします。

例: デフォルトのシェルとワーキングディレクトリの設定

defaults:
  run:
    shell: bash
    working-directory: scripts

Setting default values for a specific job

jobs.<job_id>.defaultsを使って、ジョブ中のすべてのステップに適用されるデフォルト設定のmapを作成してください。 ワークフロー全体に対してデフォルト設定を設定することもできます。 詳しい情報についてはdefaultsを参照してください。

同じ名前で複数のデフォルトの設定が定義されている場合、GitHubは最も具体的なデフォルト設定を使用します。 たとえば、ジョブで定義されたデフォルト設定は、同じ名前を持つワークフローで定義されたデフォルト設定をオーバーライドします。

Setting default shell and working directory for a job

jobs.<job_id>.defaults.runを使ってジョブ中のすべてのrunステップにデフォルトのshellworking-directoryを指定してください。 このセクションではコンテキストと式は許されていません。

ジョブ中のすべてのrunステップにデフォルトのshell及びworking-directoryを提供できます。 ワークフロー全体についてrunのためのデフォルト設定を設定することもできます。 詳しい情報についてはjobs.defaults.runを参照してください。 このキーワード中では、コンテキストや式を使うことはできません。

同じ名前で複数のデフォルトの設定が定義されている場合、GitHubは最も具体的なデフォルト設定を使用します。 たとえば、ジョブで定義されたデフォルト設定は、同じ名前を持つワークフローで定義されたデフォルト設定をオーバーライドします。

例: ジョブのrunステップにデフォルトのオプションを設定

jobs:
  job1:
    runs-on: ubuntu-latest
    defaults:
      run:
        shell: bash
        working-directory: scripts