リポジトリの可視性を設定する

あなたのリポジトリを誰が表示できるか選択できます。

リポジトリの可視性の変更について

Organization のオーナーは、リポジトリの可視性を変更する機能を Organization のオーナーのみに制限できます。 詳しい情報については「Organization 内でリポジトリの可視性の変更を制限する」を参照してください。

リポジトリの可視性を変更する前に、次の注意点を確認することをお勧めします。

Warning: Changes to the visibility of a large repository or repository network may affect data integrity. Visibility changes can also have unintended effects on forks. GitHub recommends the following before changing the visibility of a repository network.

  • Wait for a period of reduced activity on GitHub Enterprise Serverのインスタンス.

  • Contact your site administrator before proceeding. Your site administrator can contact GitHub Enterprise Support または GitHub Premium Support for further guidance.

リポジトリをプライベートにする

  • GitHub Enterprise Server はパブリックリポジトリのパブリックフォークを切り離し、新しいネットワークに追加します。 パブリックフォークはプライベートにはなりません。
  • リポジトリの可視性を内部からプライベートに変更すると、GitHubは、新しくプライベートになったリポジトリへのアクセス権限がないユーザに属するフォークを削除します。 フォークの可視性もすべてプライベートになります。詳しい情報については、「リポジトリが削除されたり可視性が変更されたりするとフォークはどうなりますか?」を参照してください。
  • Any published GitHub Pages site will be automatically unpublished.
  • 匿名の Git 読み取りアクセスは利用できなくなりました。 詳しい情報については、「リポジトリで匿名 Git 読み取りアクセスを有効化する」を参照してください。

リポジトリをインターナルにする

注釈: インターナルリポジトリはGitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server 2.20+で利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

リポジトリをパブリックにする

リポジトリの可視性を変更する

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. [Danger Zone] の [Change repository visibility] の右側にある [Change visibility] をクリックします。 [Change visibility] ボタン
  4. 可視性を選択します。

Dialog of options for repository visibility 5. 正しいリポジトリの可視性を変更していることを確認するには、可視性を変更するリポジトリの名前を入力します。 6. [I understand, change repository visibility] をクリックします。

Confirm change of repository visibility button

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?