Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

リポジトリのファイルを削除する

GitHub Enterprise Server では、リポジトリ内にある個々のファイル、またはディレクトリ全体を削除することができます。

Who can use this feature

People with write permissions can delete files or directories in a repository.

ファイル とディレクトリ の削除について

リポジトリ 内の個々のファイル、またはディレクトリ 内のすべてのファイルを含むディレクトリ全体を削除できます。

書き込み権限をもっていないリポジトリ内のファイル またはディレクトリ を削除しようとすると、プロジェクトが個人アカウントにフォークされ、変更をコミットした後に元のリポジトリへのプル要求の送信を支援します。 詳細については、「pull request について」を参照してください。

削除したファイル またはディレクトリ に機密データが含まれている場合、そのデータはリポジトリの Git 履歴で引き続き入手可能です。 GitHub Enterprise Server からファイルを完全に削除するには、リポジトリの履歴からファイルを削除する必要があります。 詳細については、「Removing sensitive data from a repository」 (リポジトリからの機密データの削除) を参照してください。

ファイルを削除する

  1. リポジトリ内で削除対象のファイルを見つけます。
  2. ファイルの上部にある をクリックします。
  3. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳細については、「複数の共同作成者とのコミットの作成」を参照してください。 変更のコミット メッセージ 1. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳細については、「新しい pull request の作成」を参照してください。 コミット ブランチのオプション 1. [ファイルの変更の提案] をクリックします。 [ファイルの変更の提案] ボタン

ディレクトリを削除する

  1. リポジトリ内で削除対象のディレクトリを見つけます。
  2. 右上隅にある をクリックしてから、 [ディレクトリの削除] をクリックします。 ディレクトリを削除するボタン
  3. 削除するファイルを確認します。
  4. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳細については、「複数の共同作成者とのコミットの作成」を参照してください。 変更のコミット メッセージ 1. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチがデフォルトブランチなら、コミット用に新しいブランチを作成してからPull Requestを作成すべきです。 詳細については、「新しい pull request の作成」を参照してください。 コミット ブランチのオプション 1. [ファイルの変更の提案] をクリックします。 [ファイルの変更の提案] ボタン