Issue の削除

リポジトリの管理者権限がある人は、リポジトリから Issue を完全に削除できます。

削除できる Issue は自分のユーザアカウントが所有するリポジトリのものだけです。 別のユーザアカウントが所有するリポジトリの Issue は、仮にあなたがコラボレーターであったとしても、削除することはできません。

Organization が所有するリポジトリの Issue を削除するには、Organization のオーナーが Organization のリポジトリの削除を有効にし、さらに削除する人がそのリポジトリの管理者権限かオーナー権限を持っている必要があります。 詳しい情報については「Organization の Issue の削除を許可する」と「Organization のリポジトリ権限レベル」を参照してください。

Issue を削除してもコラボレータには通知されません。 削除された Issue の URL にコラボレータがアクセスすると、その Issue が削除された旨のメッセージが表示されます。 リポジトリの管理者権限かオーナー権限を持っている人にはさらに、Issue を削除した人のユーザ名と、いつ削除されたのかが表示されます。

  1. 削除対象の Issue に移動します。
  2. 右側のバーの [Notifications] の下で、[Delete issue] をクリックします。 "Delete issue" のテキストが Issue ページ右側のバーの下で強調表示されている
  3. 削除を確定するには、[Delete this issue] をクリックします。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?