Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-01-18. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Issue の削除

リポジトリの管理者権限がある人は、リポジトリから Issue を完全に削除できます。

イシューを削除する機能は、リポジトリが個人用アカウントに所有されているか、組織に所有されているかによって異なります。

  • 個人用アカウントに所有されているリポジトリのイシューを削除できるアカウントは、そのアカウントのみです。

  • 管理者または所有者のアクセス許可を持つアカウントのみが、組織に所有されているリポジトリのイシューを削除できます。

    組織に所有されているリポジトリのイシューを削除するには、組織の所有者がその組織のリポジトリに対するイシューの削除を有効にする必要があります。 詳細については、「Organization 内の Issue の削除を許可する」と「Organization のリポジトリ ロール」を参照してください。

イシューが削除されても、コラボレーターには通知されません。 コラボレーターが削除されたイシューの URL にアクセスすると、Web ページが見つからないことを示すメッセージが表示されます (ただし、API を使ってそれが削除されたことを判断できます)。 リポジトリの管理者権限かオーナー権限を持っている人にはさらに、Issue を削除した人のユーザ名と、いつ削除されたのかが表示されます。

  1. 削除対象の Issue に移動します。
  2. 右側のバーの [通知] の下で、 [Issue の削除] をクリックします。 [Issue] ページ右側のバーの下で強調表示されている "Issue の削除" テキスト
  3. 削除を確認するには、 [この Issue を削除] をクリックします。

参考資料