GitHub Insightsのシステム概要

GitHub Insightsは、GitHub Enterpriseとインターフェースするスタンドアローンアプリケーションです。

GitHub Insightsを動作させるための必要条件

GitHub Insightsは、サポートされているバージョンのGitHub Enterprise Serverを必要とします。

GitHub Insightsは、アプリケーションサーバーと呼ばれるマシンを必要とします。これは、クラウドでもローカルでもホストできます。 Debian Buster、Debian Stretch、あるいはUbuntu 16.04+の任意のLTSバージョンをベースOSとする標準タイプのマシンがサポートされます。

GitHub Insightsをプロビジョニングするには、アプリケーションサーバーはDockerを含む特定の依存関係を実行できなければなりません。 アプリケーションサーバーでは、Dockerデーモンをsudoとして実行させる必要があるかもしれません。 Kubernetesはサポートされていません。 詳しい情報については「GitHub Insightsのインストール」を参照してください。

アプリケーションサーバーは、最小限の仕様を満たしていなければなりません。

仕様最小値
vCPUs16
RAM64GB
ディスク250GB

GitHub Insightsを使って大量のデータをインポートするなら、より大きな最小値を使うことをおすすめします。 詳しい情報については「リポジトリの管理」を参照してください。

GitHub Insightsのセキュリティと認証

GitHub Insightsはユーザのインフラストラクチャ上で動作し、既存の情報セキュリティのコントロール下で管理されます。 GitHub Insightsは、認証とアクセス権限にGitHub Enterpriseの既存のユーザアカウントを使います。

ネットワークのセキュリティ

GitHub Insightsの内部ファイアウォールは、ネットワークアクセスをアプリケーションサーバーのサービスに限定します。 アプリケーションサーバーが機能するのに必要なサービスだけが、ネットワーク経由で利用できます。

GitHub Insightsは、インバウンド及びアウトバウンドで以下のポートがオープンになっていなければなりません。

ポートサービスプロトコル
22SSH USERTCP
80HTTP USERTCP
443HTTPS USERTCP

認証とアクセス権限

GitHub Insightsの認証は、GitHub Enterpriseを通じて処理されます。 インストールの際にGitHub Appが作成され、これによってGitHub Insightsはユーザを認証できるようになります。 GitHub Appは、ユーザ及びアプリケションの権限のスコープ内でのGitHub Enterpriseとのやりとりにも使われます。

GitHub Insightsには2つの権限レベルがあります。

  • 管理権限は、GitHub Enterprise上のサイト管理者のロールに対応します。 管理権限を持っている人は、GitHub Insightsのすべての設定にアクセスできます。

  • GitHub Enterpriseの他のすべてのユーザは、GitHub Insightsにユーザアカウントを持ちます。 ユーザはすべてのメトリクスを見ることができますが、設定へのアクセスは制限されます。

GitHub Insights内のデータアクセスは、各ユーザのGitHub Enterpriseにおけるデータアクセスに従って制限されます。 ユーザは、GitHub Enterpriseでアクセスできないリポジトリに関するGitHub Insights内のデータを見ることはできません。

GitHub Insightsのアーキテクチャ

システムアーキテクチャ

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡