High Availability の設定

GitHub Enterprise Server は、プライマリアプライアンスに影響を及ぼすハードウェア障害や重大なネットワーク障害が発生した場合に、サービスの中断を最小限に抑えるように設計された、運用の High Availability モードをサポートしています。

  • High Availability設定について

    High Availability 設定では、完全に冗長なセカンダリの GitHub Enterprise Server アプライアンスは、すべての主要なデータストアのレプリケーションによってプライマリアプライアンスとの同期を保ちます。

  • High Availabilityレプリカの作成

    アクティブ/パッシブ設定では、レプリカアプライアンスはプライマリアプライアンスの冗長コピーです。 プライマリアプライアンスに障害が起こると、High Availabilityモードではレプリカがプライマリアプライアンスとして動作し、サービスの中断を最小限にできます。

  • レプリカアプライアンスへのフェイルオーバーの開始

    メンテナンスやテストのため、またはプライマリアプライアンスが機能しなくなった場合は、コマンドラインを使用して GitHub Enterprise Server レプリカアプライアンスにフェイルオーバーできます。

  • High Availability設定のリカバリ

    GitHub Enterprise Server アプライアンスにフェイルオーバーした後は、単一のアプライアンスに頼るのではなく、できるだけ早く冗長性を取り戻す必要があります。

  • High Availabilityレプリカの削除

    GitHub Enterprise Server レプリカへのレプリケーションを一時的に停止することも、レプリケーションを恒久的に削除することもできます。

  • Geo-replicationについて

    GitHub Enterprise Server 上の Geo-replication は、地理的に分散したデータセンターからの要求を満たすために、複数のアクティブなレプリカを使用します。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡