ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Enterprise 向けの Git Large File Storage を設定する

Git Large File Storage (Git LFS) は Git のオープンソース拡張で、大きいファイルを他のテキストファイルと同じように扱えるようにしてくれます。

ここには以下の内容があります:

Git Large File Storageについて

Git Large File Storage (Git LFS) は Git のオープンソース拡張で、大きいファイルを他のテキストファイルと同じように扱えるようにしてくれます。 Git Large File Storage は、単一のリポジトリ、すべての個人または Organization のリポジトリ、または Enterprise 内のすべてのリポジトリで使用できます。 特定のリポジトリまたは Organization に対して Git LFS を有効にする前に、Enterprise に対して Git LFS を有効にする必要があります。

デフォルトでは、 Git Large File Storageクライアントは大きなアセットをGitリポジトリがホストされているのと同じサーバーに保存します。 GitHub Enterprise ServerのインスタンスでGit LFSが有効化されている場合、大きなアセットは/data/user/storageにあるデータパーティションに保存されます。

EnterpriseもしくはリポジトリでGit LFSが無効化されている場合、ユーザはGit LFSアセットをGitHub Enterprise Serverにプッシュできません。

詳しい情報については"Git Large File Storageについて"、"大きなファイルのバージョニング" 、Git Large File Storageプロジェクトサイトを参照してください。

Enterprise 向けに Git Large File Storage を設定する

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてEnterprise settings(Enterpriseの設定)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Serverのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Enterprise settings"
  1. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  2. Policies(ポリシー)の下で、Options(オプション)をクリックしてください。 Enterpriseアカウント設定サイドバー内のオプションタブ

  3. [Git LFS access]で、ドロップダウンメニューを使用して [Enabled] または [Disabled] をクリックします。 Git LFSアクセス

個々のリポジトリ用に Git Large File Storage を設定する

ノート: 各リポジトリは、そのリポジトリを所有するOrganizationもしくはユーザのデフォルト設定を自動的に継承します。 リポジトリのオーナーが、所有するすべてのリポジトリに対して設定を強制している場合、デフォルト設定は上書きできません。

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 検索フィールドでリポジトリ名を入力し、Search(検索)をクリックしてください。 [Site admin settings search] フィールド
  3. 検索結果で、リポジトリ名をクリックしてください。 サイドアドミン設定の検索オプション
  4. ページの右上から Admin(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  5. 左のサイドバーで Admn(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  6. "Git LFS"の下で、Enable(有効化)もしくはDisable(無効化)をクリックしてください。 無効化ボタン

ユーザーアカウントまたは Organization が所有するすべてのリポジトリ用に Git Large File Storage を設定する

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 検索フィールドでユーザもしくはOrganizationの名前を入力し、Search(検索)をクリックしてください。 [Site admin settings search] フィールド
  3. 検索結果で、ユーザもしくはOrganizationの名前をクリックしてください。 サイドアドミン設定の検索オプション
  4. ページの右上から Admin(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  5. 左のサイドバーで Admn(管理)をクリックしてください。 管理ツール
  6. "Git LFS"の下で、Enable(有効化)もしくはDisable(無効化)をクリックしてください。 無効化ボタン

サードパーティのサーバを使うGit Large File Storageの設定

デフォルトでは、 Git Large File Storageクライアントは大きなアセットをGitリポジトリがホストされているのと同じサーバーに保存します。 GitHub Enterprise ServerのインスタンスでGit LFSが有効化されている場合、大きなアセットは/data/user/storageにあるデータパーティションに保存されます。

EnterpriseもしくはリポジトリでGit LFSが無効化されている場合、ユーザはGit LFSアセットをGitHub Enterprise Serverにプッシュできません。

  1. GitHub Enterprise Serverのインスタンス で Git LFS を無効化します。 詳しい情報については、「Enterprise の Git Large File Storage を設定する」を参照してください。

  2. サードパーティのサーバーを指し示す Git LFS の設定ファイルを作成します。

    # デフォルト設定を表示
    $ git lfs env
    > git-lfs/1.1.0 (GitHub; darwin amd64; go 1.5.1; git 94d356c)
    > git version 2.7.4 (Apple Git-66)
     
    > Endpoint=https://GITHUB-ENTERPRISE-HOST/path/to/repo/info/lfs (auth=basic)
     
    # サードパーティサーバーを指す .lfsconfig を作成します。
    $ git config -f .lfsconfig remote.origin.lfsurl https://THIRD-PARTY-LFS-SERVER/path/to/repo
    $ git lfs env
    > git-lfs/1.1.0 (GitHub; darwin amd64; go 1.5.1; git 94d356c)
    > git version 2.7.4 (Apple Git-66)
     
    > Endpoint=https://THIRD-PARTY-LFS-SERVER/path/to/repo/info/lfs (auth=none)
     
    # .lfsconfig の内容を表示する
    $ cat .lfsconfig
    [remote "origin"]
    lfsurl = https://THIRD-PARTY-LFS-SERVER/path/to/repo
  3. 各ユーザーに対して同じ Git LFS の設定を維持するには、カスタムの .lfsconfig ファイルをリポジトリにコミットします。

    $ git add .lfsconfig
    $ git commit -m "Adding LFS config file"
  4. 既存の Git LFS アセットを移行します。 詳しい情報については、「異なる Git Large File Storage サーバーへ移行する」を参照してください。

異なるGit Large File Storageサーバへの移行

別の Git Large File Storage サーバーに移行する前に、サードパーティのサーバーを使用するように Git LFS を設定する必要があります。 詳細については、「サードパーティのサーバーを使用するための Git Large File Storage を設定する」を参照してください。

  1. 2 番目のリモートでリポジトリを設定します。

    $ git remote add NEW-REMOTE https://NEW-REMOTE-HOSTNAME/path/to/repo
     
    $ git lfs env
    > git-lfs/1.1.0 (GitHub; darwin amd64; go 1.5.1; git 94d356c)
    > git version 2.7.4 (Apple Git-66)
     
    > Endpoint=https://GITHUB-ENTERPRISE-HOST/path/to/repo/info/lfs (auth=basic)
    > Endpoint (NEW-REMOTE)=https://NEW-REMOTE-HOSTNAME/path/to/repo/info/lfs (auth=none)
  2. 古いリモートからすべてのオブジェクトを取得します。

    $ git lfs fetch origin --all
    > Scanning for all objects ever referenced...
    > ✔ 16 objects found
    > Fetching objects...
    > Git LFS: (16 of 16 files) 48.71 MB / 48.85 MB
  3. すべてのオブジェクトを新しいリモートにプッシュします。

    $ git lfs push NEW-REMOTE --all
    > Scanning for all objects ever referenced...
    > ✔ 16 objects found
    > Pushing objects...
    > Git LFS: (16 of 16 files) 48.00 MB / 48.85 MB, 879.10 KB skipped

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

Privacy policy

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡